中島裕翔「シースルーネガティブ」監督が影感じる

中島裕翔「シースルーネガティブ」監督が影感じる

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30
No image

両手でハートを作る新木優子(撮影・横山慧)

Hey!Say!JUMP中島裕翔(23)が30日、都内で行われた主演映画「僕らのごはんは明日で待ってる」(来年1月7日公開、市井昌秀監督)の完成披露試写会に出席した。

ネガティブな主人公の葉山亮太を演じる。役柄を紹介されると、「実際にもネガティブな中島裕翔です」と自己紹介して、笑いを誘った。市井監督から「俳優中島裕翔は、男前だけど、そのへんにいそうな感じを持ちつつ、影を感じるんですよね」と指摘されると、「見透かされてますね。どうにか影の部分が出ないようにしているんですけど、透けてましたね。シースルーです。シースルーネガティブですね」と照れ笑いしていた。

映画は、瀬尾まいこ氏による同名の恋愛小説が原作の、ピュアな「7年愛」がテーマ。初恋の人との思い出を聞かれると、「小学校1~2年生くらいのころ。かわいかったなあ、あの頃は。雨の日に(『となりのトトロ』の)カンタみたいに傘を渡して、相合い傘して帰ったりとかしていました。いいだろ~」と明かした。大歓声があがると、「ネガティブなのに頑張りましたね」と笑った。

ポジティブなヒロイン、上村小春を演じる新木優子(22)も出席。「同じ人に3回告白したことがありました。3回フられました」と恋愛エピソードを明かした。一方中島は、「一気に3人に告白されたことがありましたね。順番に来て。びっくりしましたね。調子に乗っちゃいそうでした」と明かし、新木から「さすが!」と驚かれていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新垣結衣と石原さとみの衣装が丸かぶり!「逃げ恥」「校閲ガール」に珍事発生
上戸彩が激ヤセでネット民驚愕 「かわいいマチャミ」という例えも
北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情
石田ゆり子が“まだ独身”のワケは...「結婚しない美女優たち」のウラ事情
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加