コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

  • Game Spark
  • 更新日:2018/09/22
No image

コミカルなアクション、しかし忠実に西遊記を描く日中共同プロジェクト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』メディアセッション【TGS2018】

もっと画像を見る

No image

中国にて大きな反響を呼んだ映画「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」と同名IPで製作されるソニー・インタラクティブエンタテイメントのPS4向けソフト『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』。本記事では、「東京ゲームショウ2018」メディアセッションにて行われたタイトルプレゼンテーションの模様をお送りします。

No image

本作は中国にて公開され好評を博した映画「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」をベースに製作されているタイトルで、中国と日本の共同開発となっています。中国での展開にあたって、もちろん海外にて製作されたタイトルが重要であることは言うまでもありませんが、ローカルIPも同じく大切な役割を担っており、その際に目覚しい興行収入・動員を獲得した同作に白羽の矢が立ったとのこと。映画の知名度についてユーザーテストを行なった際、95%以上が認知しており、さらに実際に作品を見たことのある人は8割にも及んだそうで、ぴったりのタイトルと言えるということです。

No image
No image

映画とは同一の世界観となっていますが、いわゆる“パラレルワールド”的な立ち位置。日本では孫悟空の名で親しまれている斉天大聖をメインに展開すると語られました。本作はアクションアドベンチャーで、映画として省略された部分の補完など異なる世界を垣間見ることができるそう。日本の漫画やアニメのようなコミカルかつ爽快感のある格闘、おなじみの椅子アクション、大聖の得意とする法術がフィーチャーされています。

No image
No image

唐代の中国が舞台となっているため、資料やイメージ、前提となる知識のすり合わせが必要となり、日本の製作チームが2ヶ月に1回程度中国に渡航していたということで、その熱量を物語っています。中国では非常に浸透しており、何度も色々なメディアで発表されている西遊記。海外で製作されるにあたって違和感のない作品を目指したとのことで、中国にて行われた「PlayStation Conference in China」でもLive Streaming Channelを通して約480万人が視聴するほどの大盛況。「西遊記」への忠実さも「しっかりとゲームにしてくれてありがとう」と言われるほどのクオリティであったと語られました。

No image
No image
No image

もちろん、日中の共同開発ですので日本の特徴も盛り込まれています。開発はヘキサドライブが担当しており、サウンドについてもnoisycroak、VANGUARD SOUNDによって製作。エンディングテーマをGARNIDELIAのtoku氏が担当するということです。氏は中国でも人気があるということで、日中共同プロジェクトである利点が生かされています。

そんな期待が高まる『MONKEY KING: HERO IS BACK(仮称)』ですが、ゲームシステムや仕様はまだ公開できないとのこと。2019年に発表を予定しているということで、続報に期待です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“音を立てたら即死”恐怖の出産シーン
『教団X』中村文則の最新作『その先の道に消える』が発売!11月にはデビュー作『銃』の映画が公開
木村拓哉×長澤まさみ「マスカレード・ホテル」追加キャスト20名登場の予告公開
春画と妖怪画のイメージが変わる? 描かれた「わらい」と「こわい」展
京本政樹、伊勢谷友介らが『翔んで埼玉』出演! 2部構成の物語に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加