キリオス 来季まで出場停止

キリオス 来季まで出場停止

  • tennis365
  • 更新日:2016/10/17
No image

罰金と出場停止処分を受けるキリオス : 画像提供 tennis365.net

男子プロテニス協会のATPは17日、公式サイトにて世界ランク14位のN・キリオス(オーストラリア)に来年1月15日までの出場停止処分と25,000ドル(約260万円)の罰金を科すと発表した。

ATPによると、現在21歳のキリオスは先週の上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)2回戦でやる気のないプレーを見せて既に総額16,500ドル(約170万円)の罰金処分を受けていた。

今回はそれとは別に、罰金25,000ドル(約260万円)と8大会分の出場停止処分が追加される。

しかし、出場停止処分に関してはスポーツ心理学者が提示する治療プログラムなどを受ければ、3大会分へ期間が短縮され、今年の11月7日からツアーへ復帰出来る。

キリオスは、自身の公式サイトで「上海で起きたことに対して謝りたい。今年は長く、怪我を乗り越え、アジアシーズンでは優勝出来たけど疲れていた。」と楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)優勝などシーズンを振り返った。

続けて「上海ではメンタル・身体共に疲れていた。しかし、それは言い訳にはならない。世界中のファンに謝りたい。ファンがいなければ僕は成り立たない。彼らが僕のエネルギーになっている。」

「このようなことが起きて、今シーズンが終わるのが残念。そして、ツアーファイナル出場を追いかけ続けることが出来ないことも残念。これは僕にとって重要な目標だった。今回のことを受け入れ、2017年に戻ることを楽しみにしています。」と、想いを綴った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クラシコ1-1 劇的引き分け
Cロナ&ジョゼモウリーニョ監督に”脱税疑惑”。複数の欧州メディアが報じる
S・ラモスが値千金の同点弾! クラシコは両者勝ち点1を分け合う結果に
レアル、劇的ドローで公式戦33試合無敗。バルサとの”クラシコ”は引き分けに
クラシコ 先発メンバー発表

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加