最新ランキングをチェックしよう
来日中のマーティン・スコセッシ監督、最新作『沈黙-サイレンス-』を語る

来日中のマーティン・スコセッシ監督、最新作『沈黙-サイレンス-』を語る

  • ぴあ映画生活
  • 更新日:2016/10/19

本作はスコセッシ監督が1988年に原作と出会って以来、映画化を熱望し、長年暖め続けてきた待望のプロジェクト。17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師が目撃したものとは? アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバーをはじめ、日本からは窪塚と浅野、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら実力派が集

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「マイティ・ソー」日本最速上映に宇野実彩子、PUNPEEがマーベルTで登場
「イタリア以外で最も熱狂的なのは日本」ユーヴェのドキュメンタリー映画上映会が都内で開催
10月19日の注目映画第1位は『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
「スパイダーマン:ホームカミング」BOXに村田雄介描き下ろしポスター
J・C・ミッチェル&山本耕史ダブル“ヘドウィグ”の生歌サプライズに約500人が感激
  • このエントリーをはてなブックマークに追加