自治体PR動画発のSAGEMON GIRLSが本格デビュー

自治体PR動画発のSAGEMON GIRLSが本格デビュー

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2017/11/13

福岡・柳川の魅力をPRするために誕生したアイドルユニット・SAGEMON GIRLSが、このたび、本格デビューを果たした。さらなる活動の発展と強化を図るべく、ミュージックビデオを制作・公開している(https://www.youtube.com/watch?v=aKUuOD-JaWc)。

No image

その他の大きな画像はこちら

今回のミュージックビデオは、福岡県柳川市と柳川市フィルムコミッションが2016年2月に公開したPRダンスムービー「SAGEMON GIRLS」の第2弾。第1弾のPR動画(https://www.youtube.com/watch?v=NYOrc0h5SN4)はアジア各国を中心に、のべ1,000万回以上も再生され、「実際に会いたい!」「柳川に行ってみたい!」など様々な反響を呼び、SAGEMON GIRLSは柳川と世界を結びつける存在となった。

そうした多くの反響を受け、自治体PR動画発のアイドルユニットとしてメンバーを一新。このたびのMV公開に至った。

ミュージックビデオの撮影は、世界一の親日国とされ、実際に柳川への観光客も多い台湾の有名観光地・九フン/フンはにんべんに分)にて実施。雨が降ったタイミングを狙った1回限り×ワンカットの撮影映像は、映画「千と千尋の神隠し」のモデルにもなった商店街にSAGEMON GIRLSが突如出現したあっという間の3分間を、ありのままに捉えている。

スタイリッシュでキャッチーな曲調にマッチしたダンスの振付は、世界的に有名なコリオグラファーユニット「振付稼業 air:man」によるもので、「ぴちぴち ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷ」が印象的な楽曲は、地元・柳川に縁の深い北原白秋が作詞した「あめふり」をモチーフとしている。

SAGEMON GIRLSはミュージックビデオの撮影にあたり、柳川市のほか地元企業も出資協力。行政と民間企業が連携した、“地域で生まれ、地域によって支えられた”アイドルだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
BIGBANG、海外アーティスト史上初5年連続ドームツアー開幕 終了後は“長いブランク”へ「会えなくなるのが悲しい」「T.O.Pも恋しがっている」<初日ライブレポ>
バンもん!新作ミニアルバムを順次先行配信、第1弾はARM手がける恋汐りんごソロ曲
BTS (防弾少年団) SHIBUYA109クリスマスキャンペーン
『Love music 東方神起スペシャル』11・26放送
山本彩「自分の歌う歌で誰かを支えることができたら」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加