東京為替:ドルの上値は重い、104円より上では売り圧力が強いとの見方

東京為替:ドルの上値は重い、104円より上では売り圧力が強いとの見方

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/20
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は103円80銭台の小動きが続いている。日経平均株価のプラス圏推移や、NY原油価格の上昇などリスク選好的なドル買いが入っても良さそうだが、目立った売買フローは観測されない。ある外為ディーラーは「前日同様に104円付近から上のレベルではドル売り圧力が強いので、(ドルは)今日もほとんど上がらないのではないか」との見方を示している。

ここまでのドル・円の取引レンジは103円65銭から103円95銭、ユーロ・円は113円93銭から114円16銭、ユーロ・ドルは1.0974ドルから1.1000ドルで推移している。

<MT>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
ユニクロ潜入記者 横田氏解雇される
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加