映像出力エラーを回避できる、HDMIマトリックスセレクター

映像出力エラーを回避できる、HDMIマトリックスセレクター

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/10/19
No image

サンワサプライは10月17日、コンパクトサイズのHDMIマトリックス切替器「400-SW026」を発売した。価格は9900円。

400-SW026は、2台の出力機器に、4台のHDMI機器から自由に選択して映像・音声を出力できる。テレビとプロジェクターなどで、出力表示を使い分ける際に便利としている。音声はAAC、Dolby True HDおよびDTS-HDに対応。

No image
No image

映像出力エラーを回避できるEDID認識機能搭載で、選択されていない機器も常に接続されているかのように認識する。そのため、切り替えを行なった際に異常な解像度での出力や、画面表示位置のズレなどの問題を回避する。3D映像やフルハイビジョン高画質映像に対応しており、音声もクリアに伝達するという。

No image
No image

電源ケーブルはネジ留め式で、不意に外れることがないとしている。すべてのHDMIポートに金メッキ加工がされており、サビに強く、接触不良を防ぐという。本体から離れていても切り替えできるリモコンが付属している。サイズはおよそ幅192×奥行き84×高さ27mm、重量はおよそ440g。

■関連サイト

商品ページ

サンワダイレクト

サンワサプライ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電源を落としてもPCの時刻がキープされているのはなぜ?
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
仕事中のストレス解消に活用したい「機能性おやつ」
5年以内に暗闇でも見えるようになる赤外線メガネが実現するかもしれない
ポケモンGOの「謎の仕様変更」 広告ビジネス本格化の予兆か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加