サイバーエージェント、LINE活用のマーケティング支援強化

サイバーエージェント、LINE活用のマーケティング支援強化

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/09/15
No image

サイバーエージェントは9月15日、企業のインターネットマーケティング支援を強化すると発表した。LINEを活用した来店促進を図る「販促革命センター」と、企画、広告クリエイティブ、運用までを行う「次世代ブランド戦略室」を設置する。

LINEの法人向けサービス「LINEビジネスコネクト」の配信ツールなどを提供してきたノウハウや、インターネット広告の運用とクリエイティブの知見を生かし、企業のインターネットマーケティングを支援する。

1兆円規模とみられる紙の販促費(折込広告・DM広告・POP広告など)が、将来的にインターネットにシフトすると見込み、新たに専門部署を設置した。「位置情報マーケティングとの連携で来店計測を可視化し、効果検証を行い、広告効果の最大化を図る」という。

サイバーエージェントの16年10月〜17年6月の業績を見ると、売上高2694億円(前年同期比19.7%増)。インターネット広告事業は大きな柱となっており、売上高1524億円(19.5%増)と高い成長率を見せている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
e-Sports業界団体が統合へ向けて取り組みを開始 - 新団体でJOC加盟を目指す
請求しないと損。意外と手厚い障害厚生年金の「配偶者加給年金」
【東芝メモリ売却決定】東芝半導体子会社売却の舞台裏 二転三転の激しいせめぎ合い、「劇場型買収劇」に
メルセデスEQの最初のEV『EQC』...発表1年以上も前から予約受注を開始
ホリエモン スナックのすごさを語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加