【愛知杯】21番目でもラッキー!?ギモーヴに一発の予感

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

【東西ドキュメント・栗東=11日】愛知杯は回避馬が3頭出たことにより、出走馬決定順21位のギモーヴが滑り込みでゲートイン。「願いは届く」と話していた池添学師の思いは現実となった。前走は外から一気に伸びて2着。上がり33秒0は秀逸だ。「外に出せばしっかりと伸びるのが分かった」と振り返った。

3日間開催の後で追い切りも変則。月曜に実質的な最終追い(坂路4F54秒5~1F12秒8)を済ませた。「体はできていますし、具合もいい。しっかりとカイバを食べていて、体が減らなくなってきた」と師。4走連続で馬体重は増えている。叩き2走目で上積みも見込める。

ボートレース担当だった小林は「18番目のラッキー」というフレーズを思い出した。得点率上位が崩れ、予選突破の厳しい選手が18位滑り込みで準優勝戦に進出。さらに優勝戦もいただくことがまれにある。ギモーヴから一発の予感がプンプン漂ってきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
獣医さんもがんばったけど動物たちもがんばった。精魂尽き果てた感のある動物病院帰りの動物たちの表情
【!?】ダイソー200円イヤホン、ひと手間で「3万円クラスと戦えるようになる」説が話題
「白戸家」竹内涼真の履歴書がヤバイ 記載された番号に電話をかけたところ...
小室哲哉「疲れ果ててしまった」 妻・KEIKOは「女性というより女の子に」
行方不明の田中蓮ちゃんか 福井・九頭竜川で遺体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加