「歩き方」で個人識別が可能に! - 犯罪捜査やマーケティングへの応用も期待

「歩き方」で個人識別が可能に! - 犯罪捜査やマーケティングへの応用も期待

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

大阪大学は、深層学習を用いた高精度歩容認証技術を開発したと発表した

同成果は、同大 産業科学研究所の八木康史 教授らの研究グループによるもの。詳細は、米国科学誌「IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology」(オンライン速報版)に公開された。

人の歩き方は、服装や髪型の差異では変化せず、防犯カメラなどで遠方から撮影した低解像度の映像からでも抽出できることから、個人認証を行う上で実用的な特徴として期待されている。しかし、カメラに対して人の歩く向きが異なると、見え方が大きく異なるため、従来の技術では認証が困難であった。

今回研究グループは、独自の深層学習モデルを提案し、これらの特徴を適切に使い分けることで、歩く向きが異なる人物映像からの高精度な歩容認証を可能にした。その結果、歩く向きが異なる場合、従来技術では本人認証の誤り率が約40% であったのに対し、同開発技術では約4% まで低減させることに成功した。

さらに、深層学習に用いる評価基準を適切に変更することで、本人認証のみならず、カメラに映った複数の人物から特定の一人を探すなどといった個人識別も可能となる。

これらの技術に関して研究グループは、犯罪捜査以外にも、店舗・商業施設などで同一人物の移動経路の解析に利用することで、顧客に応じたサービス提供などのマーケティング応用をはじめとしたさまざまな用途への適用が期待されると説明している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
絶対零度でも凍結しない? - 大阪府立大、量子スピン液体状態を実現
「がんの新常識」意外に知らない医療の最前線
【朗報】物体を完全に透明にする技術がガチ実用化へ! レーダーにも映らない最先端技術「メタマテリアル」がスゴい!
【やや人類滅亡】“惑星ニビル”の衝突が来年5月に変更される! 専門家が断言「金融危機と核戦争も発生」「7年間の“艱難時代”に」
謎の巨石文化、イースター島のモアイ像を作った人々のルーツ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加