西武・野上 プロ初完封!4年ぶり10勝 元モー娘梨華夫人と支え合い「感謝」

西武・野上 プロ初完封!4年ぶり10勝 元モー娘梨華夫人と支え合い「感謝」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/24

◇パ・リーグ 西武5―0オリックス(2017年9月23日 メットライフドーム)

No image

<西・オ>4年ぶりに10勝目を挙げた野上

平面ではなく立体の中で勝負した。西武・野上が自慢の変化球を巧みに操り、ストライクゾーンの奥行きを最大限に生かした。

「フォークとチェンジアップを試合の中でうまく組み立てられた」。7回、先頭の4番ロメロに1ストライクから、ワンバウンドになる109キロのスローカーブで前へ誘い出し127キロのチェンジアップで空振り。最後は手元で落ちる136キロのフォークで空振り三振だ。同じ落ち球でも、軌道と球速で奥行きが変わる球種で手玉に取る真骨頂だった。

「最高です。渡辺SDに(完封なしの)記録だけはつくるなと言われていた」。三塁すら踏ませず、4安打に抑えた。9年目での初完封。過去3度、無失点で9回を迎えながら逃していた「勲章」をついにつかんだ。

先日、元モーニング娘。の梨華夫人と足を運んだのが映画「ダンケルク」の4DXシアター。第2次世界大戦中の英仏軍の史上最大の救出作戦が描かれるが、驚いたのが音響だけでない振動や4DX演出だった。「水が飛んできて、風が臭かったり」。思わず周囲に勧めたが、自らは4DXならぬ奥行きを生かす3D投法で、3連敗中のチームを見事救出した。3月に結婚した勝利の女神はこの日もスタンド観戦。支え合っての4年ぶり2度目の2桁10勝目に「感謝しています」と思いを口にした。3位・楽天との2ゲーム差を維持。2位での地元CSへ大きく前進した。 (後藤 茂樹)

▼西武・辻監督 野上は丁寧に低めにコントロールできていた。コースも高低も良かった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
さあ来週はドラフト会議!清宮を「いちばん伸ばせる」球団はここだ
ソフトバンク中村晃のV弾が女性頭部直撃 病院搬送
ドラフト1位の引き際。あの豪腕投手は、なぜ27歳で引退を決めたのか
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」
本塁打王ゲレーロ 中日の評価が驚くほど低い理由とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加