磐田、得意のセットプレーから先制も...浦和が興梠の今季17点目で追い付く

磐田、得意のセットプレーから先制も...浦和が興梠の今季17点目で追い付く

  • サッカーキング
  • 更新日:2017/09/17
No image

ジュビロ磐田と浦和レッズが対戦した [写真]=JL/Getty Images for DAZN

2017明治安田生命J1リーグ第26節が17日に行われ、ジュビロ磐田と浦和レッズが対戦した。

先制したのはホームの磐田だった。21分、右サイドでFKを得ると、中村俊輔がゴールへ向かうクロスを供給。高橋祥平のヘディングはGK西川周作に阻まれたが、こぼれ球をムサエフが頭で押し込んだ。

後半は1点を追いかける浦和がサイドからのクロスを中心に攻め込んだが、なかなか決定的なチャンスを作り出すことができない。

それでも79分、敵陣でルーズボールを拾った青木拓矢がディフェンスラインの裏に浮き球のパスを送ると、抜け出した興梠慎三がヘディングで流し込み、浦和が同点に追いついた。

その後は互いにゴールを目指して一進一退の攻防となったが決着はつかず、1-1の引き分けに終わった。

次節、磐田は23日に大宮アルディージャと、浦和は同日にサガン鳥栖と、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
ジュビロ磐田 1-1 浦和レッズ

【得点者】
1-0 21分 ムサエフ(磐田)
1-1 79分 興梠慎三(浦和)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鄭大世 天皇杯の川崎F戦で実戦復帰へ!指揮官が起用を明言
浦和、天皇杯制覇へ堀監督が鹿島戦にコメント「自分たちの色を出す」
長崎の高田社長、チーム好調要因「メンタルが大事」
【鹿島の深層|石井正忠×岩政大樹#2】舌を巻いたオリヴェイラの見極め。「優勝争いのポイント」を知っていた
4度目の“ジャイキリ”なるか...J1大宮に挑む筑波大「我慢強く戦いたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加