今村、練習試合で被弾も「気にしていない」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

◇練習試合 広島15―2JR西日本(2017年10月11日 マツダ)

勝利の方程式の一角を担う広島・今村は不安を残す内容だった。8回から3番手で登板すると、先頭の石畑に左越え本塁打を被弾。さらに1死一、三塁とされたところで降板を命じられた。

直球の最速は139キロと本来の出来になかったが「気にしていない。ストライクが入らなかったわけではないし、そこまで球数も投げていないので」と本番までの復調を期した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトBモイネロ×ヤフオク×楽天は防御率0.00
阪神に朗報!セもDH本格検討、福留らベテラン陣への負担軽減など
セもDH!“パ高セ低”打破へ導入検討...早ければ19年にも
金本監督 FA権取得の大和残留熱望「当然、残ってほしい」
ソフトバンク・千賀 嶋への1球を反省も「ヤンキースのこともある」次の登板信じる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加