BMW、120iと220i クーペに新世代4気筒ガソリンエンジンを搭載

BMW、120iと220i クーペに新世代4気筒ガソリンエンジンを搭載

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/30

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は11月30日、BMW 1シリーズ、BMW 2シリーズ クーペの4気筒ガソリン・エンジン・モデルである「BMW 120i」および「BMW 220i クーペ」に、新世代4気筒ガソリン・エンジンを新たに搭載し同日より販売を開始すると発表した。

No image
No image

BMW 1 シリーズ、Model M Sport

BMW 120iおよびBMW 220iクーペに搭載する新エンジンは、BMW EfficientDynamicsの理念を追求したBMWグループの新しいエンジン・ファミリーに属する新世代モジュラー・エンジンの2.0リッター直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン。同エンジンは、ツインスクロール・ターボ・チャージャーに、高精度ダイレクト・インジェクション・システム、無段階可変バルブ・コントロール・システムのバルブトロニック、バリアブル・カムシャフト・コントロール・システムのダブルVANOSを組み合わせたBMWツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用し、最高出力135kW(184ps)/5000rpm、最大トルク270Nm(27.5kgm)/1350-4600rpmを発揮する。

価格は120i Sportと120i Styleが418万円、120i M Sportが433万円、220iクーペSportが478万円、220iクーペM Sportが502万円となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
ダイヤの次に硬い「タングステン印鑑」パナソニックが12月発売 蛍光灯製造技術を応用
ムーミンのテーマパーク、2019年春オープンに 北欧イメージの別エリア「メッツァビレッジ」は2018年に先行開業
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
  • このエントリーをはてなブックマークに追加