コインチェックCOO、NEM流出問題でコメント「補償時期を伝えたい気持ちは山々ですが...」

コインチェックCOO、NEM流出問題でコメント「補償時期を伝えたい気持ちは山々ですが...」

  • Engadget
  • 更新日:2018/02/14
No image

仮想通貨取引所のコインチェックは2月13日夜、本社エントランスにて記者会見を開催。同社COOの大塚雄介氏が、日本円出金の進捗状況や今後の事業継続について説明しました。

大塚氏によると、本日再開した日本円出金機能により、すでに401億円の出金指示が完了しているとのこと。日本円以外の出金再開については「決まり次第お伝えする」とのコメントを繰り返しました。

流出したNEMの補償については「資金的なメドはある程度ついている」「顧客資産と会社資産は分別管理している」とコメント。肝心の補償時期については「ある程度のメドがたっている」としつつも「私もお伝えしたい気持ちは山々ですが、しっかり決まってからお伝えする」と明言を避けました。

また、今後の事業継続の有無については「破産法を申請するつもりはない」とし「今後もしっかりと事業を継続していく」と明言。また、事業継続に向けた資本増強等の計画については「検討はしているが、明言できる状況にない」とコメントしています。

No image

コインチェックは、1月26日に総額580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出。以降すべての仮想通貨・日本円の出金を停止していました。1月29日に金融庁から業務改善命令を受け、本日(2月13日)に再発防止策を含む改善報告書を同庁に提出。日本円出金についても再開しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コンビニ店員に多大なストレス?厄介な「成人誌」問題...ミニストップ全店舗撤去の真の狙い
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
「年金振込額が凄く減ってる!」という苦情はなぜ2月に多いのか
陸自隊員の新制服 全配布に10年も 予算確保や生地調達苦慮 士気低下の懸念も
京王井の頭線、下北沢工事で区間運休! →予定より早い運転再開に「スゴい!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加