終電確認があっという間に"酔っ払いモード"を搭載 - 「駅すぱあと」

終電確認があっという間に"酔っ払いモード"を搭載 - 「駅すぱあと」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/29

ヴァル研究所は、スマートフォン専用乗り換え案内サービス「駅すぱあと」にて、飲酒状態では手間取ることも多い終電時間の確認など便利な新機能「酔っ払いモード」を追加した。

No image

「酔っ払いモード」 同社特設サイト

スマートフォン専用「駅すぱあと」のトップページから「酔っ払いモード」を選択、あらかじめ自宅の最寄り駅(3駅まで可能)を設定しておけば、ワンタップで現在地(要GPSオン)からの運賃最安経路の終電時間を確認できるほか、終電時間まで何時間を確認できるカウントダウン機能など忘年会や新年会はもちろん、飲酒状態では調べるのに手間取ることも多い終電時間の確認をスマートに行える。

同社では、30分前など指定した時間に終電を知らせる通知機能などのほか、「酔っ払いモード」の機能拡張を行い今後もサービスの拡充を図る構え。なお、「酔っ払いモード」は、月額216円(税込)の「プレミアムコース」への登録が必要になる。auスマートパス会員は無料で利用できる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
家にあるリモコンをすべて投げ捨てて「eRemote mini」にしたい
これはきっと日本だからできた「ウスカル」ノート、新dynabook Vは東芝の技術がてんこ盛りだ!!
大量のカードや通帳は専用レザーケースで管理
カシオ、あえて190万画素しかないビデオカメラ開発―その理由は夜も撮影できる高感度
ペン先の細さ、わずか1.9mm!ワコムがペアリング不要のスタイラス発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加