松井咲子 『TEPPEN』ピアノ対決終え「夜空ノムコウ演奏できてうれしかった!」

松井咲子 『TEPPEN』ピアノ対決終え「夜空ノムコウ演奏できてうれしかった!」

  • Techinsight
  • 更新日:2018/01/14
No image

松井咲子は子どもの頃からピアノを学び、数々のコンクールに入賞する腕前だ。AKB48時代も絶対音感とピアノの特技を生かして活躍した。フジテレビ系のバラエティ特番『芸能界特技王決定戦 TEPPEN』でもピアノ対決に第3回(2012年1月7日放送)からほぼ毎回参戦、3度“TEPPEN”に輝いた。

その彼女が2018年1月12日放送の『TEPPEN第16弾』に出演した。“大白熱のピアノ頂上決戦”と謳われた今回は、松井咲子の他にも歴代王者からピアノ芸人のこまつ、フリーアナウンサーでタレントの杉浦みずき、HKT48の森保まどかが参戦、さらにピアノに自信のある俳優の匠(志垣太郎の息子)、モデルでタレントの大石絵理や石綿日向子、不思議系アイドル・山口めろん、13歳の女優・花田優里音、タレントのふかわりょうがルーレットで選ばれた相手と演奏を競う。

1回戦で松井咲子が当たったのは山口めろんだ。「冬の名曲」をテーマにイルカの『なごり雪』を選んだ山口に対して、松井はSMAPの『夜空ノムコウ』を弾いた。審査員5名は山口に「3票」、松井に「2票」を入れ松井は惜しくも初戦敗退する。ちなみに山口めろんは決勝戦で最高得点を出して優勝した。

松井は放送後に『松井咲子オフィシャルブログ「さきっciao」』で「あちゃー、負けたー!!!!」と激戦を振り返っている。

「みんな私にはないものを持っていて、ライバルでもあり戦友みたいな。そんななかでわたしは成長できてるのかなー」「とても冷静人間なので。げ、いまミスタッチした! みたいなの曲中に考えるのやめたい。笑 まだまだ勉強だ~」と反省する彼女だが、「でも、SMAPさんの夜空ノムコウ演奏できてうれしかった!」というから充実感もあったようだ。

2017年1月13日放送の第14回ではファイナルステージで『世界に一つだけの花』を演奏しており、それほどSMAPが好きなのだろう。「またいつかTEPPENとれるようにがんばります 返り咲く」と意気込む松井咲子。次はSMAPのナンバーで4回目の“TEPPEN”を期待したい。

画像は『松井咲子 2018年1月12日付オフィシャルブログ「てっぺん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小島瑠璃子 ふっくらバストが眩しい貴重なビキニ姿は「こじるり無双」
「ヤンマガ」が熱烈オファー、劇団4ドル50セント福島雪菜の妖精ボディ
有安杏果 ももクロ卒業がなぜそこまで電撃的だったのか?
カンニング竹山、痛烈非難 電車内出産批判のSNSに「バカの塊」
小室哲哉の「不貞」よりよっぽどゲスい?安藤優子のコメントに批判の嵐!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加