最新ランキングをチェックしよう
「身の危険を覚えるほどの事態に」 西日本大濠花火大会、マナー違反相次ぎ終了

「身の危険を覚えるほどの事態に」 西日本大濠花火大会、マナー違反相次ぎ終了

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/09/16

夏の風物詩として親しまれてきた福岡県の「西日本大濠花火大会」が、今夏で終了する。主催する西日本新聞社が2018年9月14日、公式サイトなどで発表した。

同社は中止の理由に「安全対策の限界」を挙げている。
花壇の踏み荒しも
西日本大濠花火大会は1949年に開始。例年40万人前後が集い、約6000発が打ちあがる。途中で休止を挟みつつも、これまで56回開催してきた。
近年では会場の大濠公園(福岡市中央

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千葉大病院のX線撮影室で女の子に...27歳男を逮捕
東名あおり事故 危険運転男の“うそ”はどう暴かれたのか
とろサーモン、あの栄光の銅像が“撤去”
東名あおり事故、石橋被告に懲役18年 ~横浜地裁
車間距離詰め“異常接近”警官羽交い締めで医師逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加