まぐまぐちゃん in 上海。地元民が列をなすアツアツ小籠包とは?

まぐまぐちゃん in 上海。地元民が列をなすアツアツ小籠包とは?

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2016/10/20
No image

中国の国慶節(いわゆる建国記念日)期間中に東京のMAG2 NEWS編集部に遊びにいらした、無料メルマガ『上海からお届け!簡単3分、写真で覚える生活中国語』の日本人著者で上海在住のジンダオさん。そこで、弊社のマスコットキャラクター「まぐまぐちゃん」を上海に観光へ連れてって!とお願いしてみたところ、写真と旅行記が送られてきたのですが…。はたして、まぐまぐちゃんは上海で大満足の旅をエンジョイできたのでしょうか。

まぐまぐちゃんin上海。B級グルメはコレ。小籠包【小笼包】

まぐまぐちゃんと上海B級グルメを味わいます。国慶節に東京訪問をした時に、まぐまぐ編集部にお邪魔したのですが、 帰り際、まぐまぐ編集部から「まぐまぐちゃんを上海に連れて行って欲しい」と、 「まぐまぐちゃん」を引き取ることになりました。「獅子は我が子を千尋の谷に落とす」といいます。編集部でぬくぬくと過保護に育った「まぐまぐちゃん」を、更に成長させよう。 そんな編集部スタッフ一同の親心からでした。編集部を引き上げる時には、スタッフの皆さんの目にうっすらと涙が……。

では、上海へ出発! 初めての海外渡航。シートに座り安全ベルトをすると「まぐまぐちゃん」にも焦りの色が……。

※上海渡航のチケット代は私のおごり。

No image

上海浦東空港に到着。多くの人でごった返す空港を見て動きが固まる「まぐまぐちゃん」。到着出口には私が手配した「まぐまぐちゃんウエルカムボード」。

No image

手配したタクシーで市内への移動。初の長期移動で少し疲れが見える「まぐまぐちゃん」翌日から上海観光スタートです!

No image

翌日は、ジンダオおすすめのローカル店にご招待。 腹が減ったと申すので、特集記事「俺の小籠包」でも紹介した、馴染みの店で小籠包からスタート。

行列必至の「佳家汤包」という店舗へ。ここは旅行客以外に地元民も通う名店。8時半の時点でこの行列。注文を受けてから餡を包み始めお客へ提供するので、食べるまでに時間を要しますが、必ず出来たてを味わえます。

No image
No image

今回普通の小籠包(15元)と上海カニ味噌入り(30元)の二種類と細切り生姜(2元)を注文。できたてほっやほや。生地から飛び出す、だくだくスープの本場小籠包、お気に入りだった様子。上海カニ味噌の小籠包は秋から冬にかけてが、オススメの季節です。

No image
No image
No image

今回並んで食べ終わるまでに小一時間かかりましたが、店舗を出る頃には行列が更に倍に伸びていました。6時半から営業中のようなので、行列に並びたくない場合は少し早起きしての訪問が無難。昼頃になると一部メニューも売り切れになるので、要注意です!

まぐまぐちゃんも覚えた、小籠包注文フレーズ

まぐまぐちゃんも覚えた、一言フレーズ。

小籠包の注文では、こんなフレーズを使いましょう。

一笼(鲜肉)小笼包。一笼蟹粉(鲜肉)小笼包。
yī lǒng (xiān ròu) xiǎo lóng bāo yī lǒng xiè fěn (xiān ròu) xiǎo lóng bāo
小籠包を一つ、カニ味噌小籠包を一つ。

この店舗の場合は「鲜肉(xiān ròu)」という単語を付けて表現しているのは、いろいろな小籠包のメニューを分けるため。「鲜肉」を付けて表現しないと、カニ味噌&豚ひき肉の「蟹粉鲜肉小笼包」と、100%カニ味噌の「纯蟹粉小笼包(99元)」を間違えられる可能性があるため。注文時はご注意を。一般的な店舗では、かっこ以外のフレーズで十分通じます。

一笼小笼包。一笼蟹粉小笼包。
yī lǒng xiǎo lóng bāo yī lǒng xiè fěn xiǎo lóng bāo

また「一笼(yī lóng)」は「一份(yí fèn)」と置き換えるのもOKです。そして小籠包のことを「小笼包」以外に、「汤包(tāng bāo)」という言い方も。一部の店舗ではストローを挿してスープを楽しむ、特大「汤包」もありますが、基本的には「小笼包」も「汤包」も同じ小籠包の表現に使われます。そのため、この店舗の名前は「佳家?包」となっています。

店舗:佳家汤包 住所:黄浦区黄河路90号

アクセス:地下鉄1号、2号、8号。人民広場8号出口

地図:地図はココから

さっ! 食べた後は観光です。

今日の振り返り!中国語発声

小笼包 (xiǎo lóng bāo)小籠包の振り返り!中国語発声はココから

蟹粉 (xiè fěn)カニ味噌の振り返り!中国語発声はココから

ジンダオのここだけの話

国慶節に東京へ遊びに行ったのですが、実は、まぐまぐ編集部に潜入してみました。自分が配信しているメールマガジンの編集部。どんな方々がお仕事をして、WEBサイトの記事を編集されているのか。非常に興味があり、訪問させてもらったのですが、フレンドリーに暖かく向かい入れてもらい、スタッフの皆さんとお話をさせてもらいました。本当、お仕事中でお忙しい中、ご無理を聞いて頂いて対応して頂いた編集部スタッフの皆様! 本当にありがとうございました。 そこで譲り受けた「まぐまぐちゃん」、 少しだけ上海の街を観光します。

上海からお届け! 簡単3分、写真で覚える生活中国語
中国の日常生活でバンバン利用している、ちょっとした一言フレーズを現地写真と共に楽しく分かりやすく配信中。普通語1級中国人の音源付き。中国人社会で働いて知った風習や習慣マナーなども併せて紹介しています。
<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京駅で買える手土産 2017最新情報をご紹介!お正月ならではの商品もチェック!
なぜ、牡蠣は"海のミルク"と呼ばれるほど栄養豊富なのか?
【朗報】800円で本格ピッツァ&パスタが食べ放題だってよ! 西日本エリアの「サルヴァトーレ・クオモ」限定やでー!!
コールド・ストーンのアイスが40分間食べ放題に! 12月14~16日に開催
ラーメン店の4割が開店から1年以内に閉店!閉店しやすい飲食店の業態とは

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加