内田理央“ポジティブモンスター”として新垣&星野にひと波乱!?「逃げ恥」

内田理央“ポジティブモンスター”として新垣&星野にひと波乱!?「逃げ恥」

  • シネマカフェ
  • 更新日:2016/12/01
No image

内田理央「逃げるは恥だが役に立つ」第9話-(C)TBS

もっと画像を見る
TBS火曜ドラマ枠歴代最高視聴率を更新し続け、タイムシフト視聴率でも全番組の中で首位を獲得するなど、大きな反響を呼んでいる新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。この度、12月6日(火)放送の第9話から、“だーりお”こと内田理央の出演が決定した。

海野つなみの同名マンガを原作とした本ドラマは、職ナシ、彼氏ナシ、居場所ナシの主人公・森山みくり(新垣結衣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野源)と「仕事」として契約結婚。 「夫=雇用主」、「妻=従業員」の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、妄想女子とウブ男は徐々にお互いを意識し出す…というラブコメディだ。

本ドラマへ出演が決定した内田さんは、モデルやタレントとして活動する中、「掟上今日子の備忘録」「ニーチェ先生」「ダメな私に恋してください」などに出演し女優業でも活躍。今回演じるのは、超ポジティブ女子・五十嵐杏奈。津崎と風見涼太(大谷亮平)が勤める会社の取引先で働いていて、要領も良く誰とでもフランクに話せるタイプ。五十嵐の出現が、みくり、津崎や風見に波乱をもたらすことに…。通称“ポジティブモンスター”というニックネームで呼ばれている五十嵐を一体彼女がどう演じるのか、注目が集まる。

「毎週展開を楽しみにしていた」と本作を見ていたと話した内田さんは、「この作品に出演させて頂けることになり本当にうれしいです! 私が演じるのは“ポジティブモンスター”と 呼ばれる五十嵐杏奈という役で、その名の通りポジティブです(笑)。とにかくめげない。それでいて頭の回転も早くて嫌われない術を知っている、できる女子です。ひと嵐、きそうです」と役どころについて語る。また「話題となっているエンディングの『恋ダンス』は、私も覚えたくてテレビを見ながら踊っているのですが、一番最初のイントロのところが難しくて…練習中です!!」と明かした。

「逃げるは恥だが役に立つ」は毎週火曜日22時~TBSにて放送。※11月29日(火)第8話のみ、22時20分~TBSにて放送。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
X JAPAN、NHK『SONGS』で新曲“La Venus”を世界初披露!
木村拓哉主演の新ドラマ 主題歌で援護射撃
2度目の打ち切りへ?「マツコの知らない世界」のヤラセに視聴者から批判殺到
筒井道隆が7年ぶり連ドラ主演、起用理由は「独特の存在感でプライベートが謎」
今週の!ズバッとニュース#6「【一流の思考法】さらなる飛躍をもとめてスタンフォードへ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加