「最もセクシー」 ディバラ、華麗フェイント&絶妙ループの反響拡大「ありえない!」

「最もセクシー」 ディバラ、華麗フェイント&絶妙ループの反響拡大「ありえない!」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2019/08/22
No image

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ【写真:Getty Images】

ユベントスの“もう1人のエース”が決勝弾 「彼を売ることは愚かな行為」

ユベントスは現地時間24日にセリエA開幕戦のパルマ戦を控えている。そんななか、シーズンの“最終テスト”として3部に該当するセリエCのトリエスティーナと対戦。1-0で勝利を収めたが、決勝弾を奪ったアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラの華麗なヒールフェイントから決めた絶妙なループ弾の反響が拡大している。

エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド不在の一戦で輝いたのは、もう1人のエースだった。3トップの一角に入ったディバラは0-0で迎えた前半38分、ペナルティーエリア手前で縦パスを受けると、鋭いヒールフェイントで反転し、ペナルティーエリア左に侵入。目の前に立ちはだかるDFとGKの位置を冷静に見極め、絶妙な左足のループシュートをゴール右上に流し込んだ。

この一撃に海外メディアはこぞって称賛を送り、英メディア「GIVE ME SPORT」は「ディバラはユベントスが彼を売ることは愚かな行為であることを、度肝を抜くチップキックで証明した」との見出しで報じ、現在浮上している移籍の噂に対し、過ちであることを強調するようなゴールになったと伝えている。

また、英メディア「スポーツ・バイブル」は公式フェイスブックで「ディバラが最もセクシーなチップキックでゴールを決めた。このテクニックはあり得ない! ユーベがなぜこの男を売りたいのか全く理解できない」と指摘。昨季にロナウドが加入したことで居場所を失いつつあるディバラだが、類稀なる才能を放出する方針には疑問の声が噴出しているようだ。(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
欧州で日本人選手がゴールラッシュ!...食野、三好、安西が新天地で初得点
日本代表か、ドイツ代表か。「どっちにするか。ちょっと楽しみ」。18歳が燃やす謙虚な野心【インタビュー(4)】
三好康児が衝撃デビュー!ベルギー最強の相手から奪った「値千金の超ゴール」がこれ
香川真司、今季2得点目は値千金の決勝ゴール。サラゴサは開幕5戦無敗
順風満帆から一転、“お家騒動”で指揮官が更迭...名門バレンシアに何が起きているのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加