4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン搭載で市販SUV最高速の305km/hを誇るランボルギーニ『ウルス』

4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジン搭載で市販SUV最高速の305km/hを誇るランボルギーニ『ウルス』

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06

アウトモビリ・ランボルギーニは、第3のモデルとなる、ランボルギーニ『ウルス』を発表した。ウルスは同社初のスーパーSUVモデルで、ベンチマークとなる出力、パフォーマンス、ドライビング、素晴らしいデザイン、ラグジュアリーさ、日常での使いやすさを備え、ラグジュアリー・カーのカテゴリーに新たな地位を確立したクルマといえる。

No image

ちなみに『ウルス』の名称は、ランボルギーニに受け継がれている伝統と同じく、闘牛の世界に由来する。『ウルス』は オーロックスとしても知られ、家畜の先祖にあたる大型の野生牛。過去500年間にわたり繁殖されてきたスペインの闘牛は、ウルスと非常に近い外見をしている。

アウトモビリ・ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏は、今回の発表について次のようにコメントしている。 「『ウルス』は、ランボルギーニのDNAを最も汎用性ある車両、SUVに吹き込むという明確なビジョンを持ったアプローチを行い、これまで不可能だったスーパーSUVというレベルに到達しました。デザイン、パフォーマンス、ドライビング、エモーションの点で真のランボルギーニであると同時に、様々な環境に適した車です。『ウルス』はハイパフォーマンスカーとして、ランボルギーニ・ファミリーにフィットします。新しいタイプのファイティングブルを生み出すための研究開発の集大成であり、お客様と当社にとって、新たな可能性の扉を開く スーパーSUVです」

No image

走行性能としては4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、6000rpmでの出力は650hp、最高回転数6800rpm、2250rpmで最大トルク850Nmを発生する。比出力は162.7 hp/lでクラス最高レベル、パワーウェイトレシオはクラス最高で3.38 kg/hpとなっている。
0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒。そして、最高速度は市販されているSUVの中で最速の305 km/hだ。

『ウルス』は8速オートマチック・ギアボックスを装備している。コンパクトで効率的な電気油圧式制御のプラネタリギアボックスは、極めて短いローギア比と長いハイギア比を実現するべく調整済み。 極めて効率的なスリップ制御付きコンバータ ロックアップクラッチと、特別に開発されたトルクコンバータは、 エンジンの極めて高い応答性を保証し、強力なスターティングレシオが気持ちを高揚させる加速を、低エンジン回転での高速度が最適な燃費と排出を実現する。非常に効率的なギアブレーキも確保されている。

No image

『ウルス』の四輪駆動システムは、あらゆる道路と地面、天候状態で、安全で応答性の高いドライビング・ダイナミクスを実現する。Torsenの自動固定式セントラル・ディファレンシャルは、あらゆる運転(特にオフロード)で、最大の制御と機敏性を提供。独立したフロント・アクスルとリア・アクスルに、標準として40対60の比で トルクが配分される。70%の最大動的トルクがフロントへ、あるいは87%がリアへ配分され、 路面との摩擦が大きくなることでアクスルへの牽引力が高まる。

No image

センターコンソールに装備したTamburoドライブモード・セレクターは、車両の全ダイナミックシステムを制御しており、路面状態やドライバーの好みに応じて、STRADA、SPORT、CORSAの各モードと追加の NEVE (雪上)モードを選ぶことにより、ドライビング・ダイナミクスが選択できるようになっている。オプションとして、TERRA (オフロード) モードと SABBIA (砂漠)モード、2つのオフロード設定も提供される。

No image

『ウルス』は『LM002』やランボルギーニの伝統の基本となるスーパー・スポーツカーからヒントを得た、 ランボルギーニのモデルで、全体の2/3がボディ、残りの1/3が窓という、ランボルギーニ・スーパー・スポーツカーの比率を採用している。 ウルスは最大5人が乗車できるスペースを備えたモデル。短いオーバハングが、強さ、たくましさ、 ダイナミックで自信に溢れたキャラクター、路面を遠くまで見渡せるポジションを感じさせてくれる。

No image

そしてラグジュアリーSUVであると同時に最もパワフルで、ドライバーと同乗者がともに楽しめる、スーパー・スポーツカーのダイナミズムを備えている。インテリアのデザインは、まさにランボルギーニらしいデザイン、配色、そしてエクステリアとも一致。内装は外観と同様にランボルギーニモデルらしく、スポーティでありながらラグジュアリーなデザインになっている。

全長5112×全幅2016×全高1638mm。ホイールベースは3003mm。エンジンはV型8気筒 3996cc。最大出力は6000rpm/650 hp (478kW)。最大トルクは2250-4500rpm/850Nm。0-100km/h加速は3.6秒。

No image

関連情報

https://www.lamborghini.com/jp-en/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
名前は『セナ』...マクラーレンの新型スーパーカーは史上最強の800ps、75万ポンド
ドイツ製を上回った! 日本の中小企業が手がけたカーボンプロペラシャフト
「ディズニーランド長者」が続出!? オリエンタルランド、大規模拡張の報に連日の最高値更新
「獺祭」蔵元が「高く買わないで」 異例の広告に込めた思いとは?
店舗の内装・改装工事って、いくらぐらいかかるもの?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加