バルサ、3部相手に大苦戦も18歳MFの同点弾で追いつく。レアルは大量6発で先勝

バルサ、3部相手に大苦戦も18歳MFの同点弾で追いつく。レアルは大量6発で先勝

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/12/01
No image

ゴールを決めたカルレス・アレーニャ【写真:Getty Images】

【エルクレス 1-1 バルセロナ スペイン国王杯第4回戦 1stレグ】

現地時間11月30日にスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)第4回戦1stレグの試合が行われ、バルセロナはエルクレスと対戦。先制されるもカルレス・アレーニャのゴールで追いつき1-1の引き分けに終わっている。

試合開始して52分、バルセロナ側から見て右サイドからクロスボールを入れられ、ゴール前に走り込んだダビド・マインズに先制点を決められてしまう。それでも58分、18歳のアレーニャが豪快なシュートをゴールにたたき込みバルセロナが同点に追いつく。結局、バルセロナは3部のクラブを相手に勝利することができず1-1の引き分けに終わっている。

【レアル・マドリー 6-1 レオネサ スペイン国王杯第4回戦 1stレグ】

現地時間11月30日にスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)第4回戦1stレグの試合が行われ、レアル・マドリーはレオネサと対戦。マリアーノ・デァアス・などがゴールを積み重ね、レアルが6-1の勝利をおさめている。

試合開始して1分、相手のトラップミスを拾ったレアルが速攻を仕掛け、最後にマリアーノが押し込みレアルに先制点が入る。さらに23分、パスワークからレオネサの守備を崩しハメス・ロドリゲスが追加点を決めた。

42分にはゴール前でパスを受けたマリアーノが相手選手を背負いながら豪快なシュートをたたき込み、63分にはジネディーヌ・ジダン監督の息子であるエンゾ・フェルナンデスがチーム4点目を決めている。そしてマリアーノがハットトリックを達成し、後半終盤には相手のオウンゴールで追加点が入り勝負あり。レアルが6-1の勝利をおさめ先勝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【EL】内田、1年9か月ぶりに復帰! 南野の決定的なシュートを防ぐ場面も
618日ぶり復帰の内田篤人、まずは安堵「とても長かった」
瀬戸貴幸フル出場のアストラ、ローマと引き分けクラブ史上初のEL決勝T進出
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加