Xマスまで待って!百合子都知事、バレーだけ結論先送り“おねだり”

Xマスまで待って!百合子都知事、バレーだけ結論先送り“おねだり”

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/11/30

小池vs森再び! 2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場見直し問題で、大会組織委員会など4者のトップ級会合が29日、東京都内のホテルで開かれた。対象の3会場のうち、バレーボールについては東京都の小池百合子知事(64)の意向で結論の先送りが決定。小池氏と“犬猿の仲”とされる組織委の森喜朗会長(79)とは、激しく意見を戦わせる場面もあった。

国際オリンピック委員会(IOC)、組織委、都、政府の4者トップ級会合。冒頭から“想定外”の事態が起きた。

国内外のメディア150人以上が詰めかけた会場で、開始時刻に着席していたのは森会長ら組織委だけ。政府代表の丸川珠代五輪相(45)、IOCのジョン・コーツ副会長(66)は11分遅れ、小池氏は12分遅れで入室し、森会長は早くも不機嫌な表情だ。

見直し対象の3会場のうち、当初計画の「有明アリーナ」新設に対し都側が既存の「横浜アリーナ」の活用案を挙げるバレーボール会場。小池氏は「クリスマスまで待ってほしい」と主張した。

「小池さんね、クリスマスまでまだ何をやるんですか」。これを聞いた森会長がかみついた。横浜アリーナ案は競技団体にも通されていないとして、「僕の知りうる情報では、横浜市は迷惑している」とも突っ込んだ。

小池氏も負けてはいない。「有明の404億円は高すぎる」と強調し、「横浜市からは『お決めいただいたら、ぜひやりたい』との言葉をいただいた」と反論。コーツ氏や丸川氏も口を挟めないほど、“不仲”として知られる森会長と小池氏の激論となった。

最終的にはコーツ氏が小池氏の猶予案を了承したが、森会長は「クリスマスプレゼントだな…」と小声でイヤミも。

ボート、カヌー・スプリント会場は「海の森水上競技場」をコストを抑えて新設し、「長沼ボート場」は各国の事前合宿地に活用されることに。水泳会場は「五輪水泳センター」を、2万席から1万5000席に減らす形で新設する。

バレー会場の横浜案について複数の大会関係者は、IOCが会合で求めた詳細な開催計画を期限内に策定し関係団体の了承を得るのは極めて困難とし、事実上有明新設の方向になったと話した。ただ小池氏は横浜案にこだわっている様子。クリスマスまでまだ“ひと悶着”ありそうだ。

No image

4者トップ級会合に臨んだ東京都の小池百合子知事。疲れたような表情もみせた=29日午後、東京都港区 (撮影・春名中)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
えっ...実況中継!? エッチ好きがオススメする「ベッドでの裏ワザ」3つ
ごめん、無理っ!! 旦那にしたらヤバいと思う男の職業・6つ
テレビ局関係者が語る「今年最大のフジの失態」――バナナマン・設楽の独裁で、番組崩壊寸前?
浜田雅功が“この人は異質”と感じた芸人
成宮寛貴、実弟が明かす“兄への感謝”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加