スヌーピーミュージアムで"史上最大のスヌーピー展" - 日本初公開の展示も

スヌーピーミュージアムで"史上最大のスヌーピー展" - 日本初公開の展示も

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18

スヌーピーミュージアム(東京都港区六本木)は10月8日、展覧会「もういちど、はじめましてスヌーピー。」をスタートした。

No image

「スヌーピーミュージアム」ホール

同展は、2016年4月23日に開館した同館の、第2回目となる展覧会。「世界で最も有名なビーグル犬」として親しまれるスヌーピーの魅力を、日本初公開を含む原画と映像で紹介する。作者のチャールズ・M.シュルツ氏がスヌーピーを思いついた誕生秘話や、誕生から約50年の間、外見のみならず内面的にも大きな変遷を遂げていく様子を展示するとのこと。

見どころのコーナーは、「スヌーピーがたくさん!」。「ハッピーダンス」や「フライング・エース」などの原画約80点のほか、日本初公開となるスケッチやアニメーションのセル画など約20点、またヴィンテージグッズ約100点などの展示品を通して、1,000通りに及ぶいろいろなスヌーピーを紹介する。

No image

「スヌーピーミュージアム」外観

No image

「スヌーピーミュージアム」ギャラリー

また、展覧会の更新に合わせて、ミュージアムショップの「BROWN'S STORE(ブラウンズストア)」はラインアップを一新。新たなコラボレーション商品や展示作品との連動商品など、オリジナルグッズ約400点を展開している。さらに、テラス席を備えるカフェ「Cafe Blanket(カフェブランケット)」でも、展覧会のテーマに合わせた新メニューをスタートした。

No image

「BROWN'S STORE(ブラウンズストア)」

No image

「Cafe Blanket(カフェブランケット)」

なお、同館は2018年9月までの開館期間中、半年ごとに異なるテーマの展覧会を実施している。さらに「ピーナッツ」の作品に縁の深いハロウィン(10月)、クリスマス(11~12月)、バレンタイン(2017年1~2月)には、期間限定のディスプレイやグッズの販売、カフェメニューの展開も予定している。

「もういちど、はじめましてスヌーピー。」の会期は10月8日~2017年4月9日で、会期中無休。ただし年末年始(12月31日~2017年1月2日)は休館となる。時間は、10時~20時(入場は19時30分まで)。

入館料(税込)は、一般が当日券2,000円・前売券1,800円、大学生が当日券1,400円・前売券1,200円、中学・高校生が当日券1,000円・前売券800円、4歳~小学生が当日券600円・前売券400円となる。同館では日時指定の前売券を販売しており、当日券は前売券の販売状況に余裕がある場合に、ミュージアムにて販売する。入館時間は、10時、12時、14時、16時、18時の計5回。なお入れ替え制ではなく、滞在時間の制限は設けていない。

また、10月17日から、数量限定のプレミアムチケットを、デルフォニックスの特製ロルバーン・ダイアリー(ブリーフケース入り)とセットで販売している。価格は4,000円(税込)。同チケットは、2017年4月9日までの同展開催期間中、予約なしでいつでも入館できる便利なチケットとなる。購入は一人5点まで。数量限定のため、売り切れの場合もある。

(C)Peanuts Worldwide LLC

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
12月9日の注目映画第1位は『キセキ -あの日のソビト-』
恋愛映画の匠・行定勲が語る「日活ロマンポルノのエロスと哀愁」
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」リブートへ
芸能ジャーナリストによるサテライト・アワード!テレビ部門ノミネーション
反捕鯨『ザ・コーヴ』に問題提起!日本人監督のドキュメンタリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加