フンドシで精巣を冷やす、生牡蠣を食べる...“枯れない男”でいるための生活習慣を医師が解説!

フンドシで精巣を冷やす、生牡蠣を食べる...“枯れない男”でいるための生活習慣を医師が解説!

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2017/10/20
No image

亜鉛が豊富に含まれ“セックス・ミネラル”とも呼ばれる牡蠣の生食もオススメ!

急に気温が下がる季節替わりのこのシーズン、体が重怠い、やる気が出ない、なんかイライラする…みたいなことでモヤってるメンズも多いはず? 季節の移ろいで草木は枯れども、男よ枯れてる場合じゃないだろ、違うだろ、このハゲーーーーっ!(失礼)

というわけで、今回は『枯れない男になる30の習慣』の著者、平澤精一先生にご指南いただき、枯れない男とは何か? そもそも枯れるってナンだ!?など、あれこれお伺いしたぞ!

* * *

―そもそも“枯れてる男”ってどんな男のことをいうんですか?

平澤 まあ、“枯れる”と表現したのはわかりやすく伝えるためなんですけどね。たとえ年齢を重ねてもイキイキとした男性はいますし、一方で若くても運動不足や意欲不足、無気力などによって明らかに不健康に見えて仕事もできずに愚痴ばかり…みたいな男性がいますよね。この後者は枯れてる男と言えます。

―で、その枯れない男になるためにはテストステロン=男性ホルモンが大きく影響すると!

平澤 そうです。男性ホルモンが豊富であるかどうかが枯れてない男の第一条件です。テストステロンは精巣から分泌される男性ホルモンですが、これを多く保つことや増やすことが重要です。

―先生の著書には、まさにその男性ホルモンを増やすための30の習慣が書かれていますが、中でも特に重要な習慣を教えてください!

平澤 テストステロンを作るにあたって一番大事なのは“材料”を揃えるということ。昨今では“コレステロールは悪だ”とさえ言われていますが、テストステロンにはコレステロールこそが重要な材料になります。心筋梗塞や脳梗塞を起こしたなどの経歴がなく、健診でも脂質異常がなければ、恐れず摂ることが大事です。

―病歴がない限り、無駄に恐れる必要はない、と。

平澤 そうです。コレステロールの値は枯れない男になるためには180~200mg/dlくらいがちょうどよく、適切な量を摂取することが大事で、卵やヒレ肉、乳製品、レバー、魚卵は進んで摂るべきです。ただし、当然ながら野菜もしっかりと摂り、適切な運動も心がけることが大事です。生活習慣病予防と同じように、枯れない男になるには、何よりバランスが大切なのです。

―著書には食生活の習慣で牡蠣(かき)を進んで摂れ、との記述もありますが。

平澤 そうです、牡蠣には亜鉛が豊富に含まれており、これが新陳代謝を活性化し、免疫機能を高め、テストステロンの生成を助けます。さらには男性の精子数を増やし、性機能を活性化する効果もあり、別名“セックス・ミネラル”とも呼ばれています。

―やはり生牡蠣が一番いいのでしょうか。食べる数の目安は?

平澤 牡蠣は熱されると亜鉛が減るので生牡蠣が一番。目安は1日に10個程度。1日に18個以上摂ると、亜鉛過剰症となって肝障害を起こす可能性もあるので一気に食べ過ぎないように。この他に毎日摂る食品ではレバーやチーズなどの乳製品、豆類にも亜鉛が含まれています。

―食生活以外に生活習慣ではどんな習慣が重要でしょうか。

平澤 やはり男性器にとって一番快適な環境作りをするという意味で、夜寝る時くらいはフンドシを着用することですね。

―フ…フンドシ!? いきなり、それはハードルが高いです。なぜフンドシがいいのですか?

平澤 男性の精巣は温めないである程度冷やしたほうが性機能を高めるからです。女性の卵巣が腹腔内(体内)にあるのに対し、精巣を包む“陰のう”は体の外に位置しています。これは外気で精巣を冷やして、精子の生産量や活動を活発に維持するため、陰のうがラジエーターのように機能するのに適した位置だからです。精巣にとって一番快適なのはノーパンで眠ることですが、それでは無防備すぎて不安でしょうからフンドシをオススメするのです。

―では先生もフンドシで寝ている…?

平澤 どこか泊まりに行ったりして不都合じゃない時以外はフンドシで寝るようにしていますよ。試してみるとわかりますが、これが非常に快適なんです。

―どのようなスタイルで寝るかも男性ホルモンには大きく影響するのですね。

平澤 その通りです! 通気性の良いフンドシで眠るのはもちろん、入眠前は男性ホルモンが回復する大切な時間なので脳を刺激しすぎる、寝る1時間前のスマホやパソコン操作は避けたほうが良いです。布団に入りながらの操作は絶対NGですよ。

* * *

枯れない男になるための良い習慣を徹底的に身につけ、悪い習慣とはとっととグッバイ! 次週(10月18日配信予定)は枯れない男になるための意外な意識づけの習慣について伺います。

(取材・文/河合桃子)

●平澤精一(ひらさわ・せいいち)
日本医科大学大学院医学研究科で医学博士号取得。大学病院等での勤務を経て、1992年新宿駅東口に「マイシティクリニック」を開業。2014年から東京医科大学地域医療指導教授として医学生の教育にも関わる。医師会関係では新宿区医師会副会長をはじめ東京都医師会、新宿区医歯薬会、新宿医療行政関連の委員、役員を兼任。所属学会・医学会は日本泌尿器科学会、日本性感染症学会、日本メンズヘルス医学会、日本抗加齢医学会等多数。著書に『枯れない男になる30の習慣』(幻冬舎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「テレフォン人生相談」で回答者が泣いて説得 41歳の娘の結婚を反対する母親と対決、「保存版」と絶賛
“必死すぎる猫” を撮らせたら右に出る者ナシ! 売り切れ続出、話題の写真集『必死すぎるネコ』の写真家・沖昌之さんに話を聞いてみた
ストレスを和らげ免疫機能を向上させると言われている10のスーパーハーブ
「女の子のひとりエッチ」大調査!みんなはどんな風にしているの?頻度は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加