備えあれば患いなし! 出先やオフィスのレガシーデバイスも「AUKEY USB-Cハブ 8in1 CB-C55(第2世代)」で安心して対応できる【今日のライフハックツール】

備えあれば患いなし! 出先やオフィスのレガシーデバイスも「AUKEY USB-Cハブ 8in1 CB-C55(第2世代)」で安心して対応できる【今日のライフハックツール】

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2017/12/08

私は仕事用のPCとして「MacBook 12-inch, Early 2016」を使っています。薄くて軽いので持ち運びしやすくて気に入っていますが、拡張性がないのが残念なところ。

拡張性不足にはApple純正の「USB-C Digital AV Multiport」を使えば、多くのケースに対応が可能。しかし、出先のプロジェクターがVGAポートのみだったり、マルチモニター環境構築用の余ったモニターはVGAポートしかなかったりと、もう一歩のところを埋めきれません。

こうしたときに使えるのがAUKEYの『USB-Cハブ 8in1 CB-C55(第2世代)』です。

No image

Photo: 傍島康雄

USB-C x 1、USB 3.0ポートx 2、HDMI x 1、VGA x 1、SDカードスロット x 1、MicroSDカードスロット x 1、LANポート x 1を備えており、十分なインターフェースをMacBookにもたらしてくれます。また、2世代目からはUSB-Cが充電以外だけでなく、データ転送にも使えるようになったので、MacBookのUSB-Cポートをふさぎません。

HDMIとVGAを同時に使うことはできませんが、どちらかが使えれば冒頭で触れたVGAのみのプロジェクターにも対応は可能で、マルチモニター環境も構築できます。

No image

Photo: 傍島康雄

また、ギガビット対応のLANポートも備えています。

セキュリティー面を考慮して、無線LANの使用を控えているオフィスでは役立ちますし、何より有線は安定して使えますよね。他にもUSBポートにHDDを接続すれば、Time Machineにバックアップを任せることができて安心。

No image

Photo: 傍島康雄

自宅はApple信者っぷりをいかんなく発揮して、すでにレガシーデバイスを排除した人もいるかもしれませんが、オフィスには結構残っているので何かと役立ちますし、Windowsとの相互運用の際にも使えると思います。

不満なく使えるものの、運用上の注意点はあります。

『USB-Cハブ 8in1 CB-C55(第2世代)』のUSBポートにHDDを接続しているときは、MacBookに接続するケーブルを安易に抜くとデータ損失につながります。このときは、事前にHDDをアンマウントして使う必要があります。

No image

Photo: 傍島康雄

『USB-Cハブ 8in1 CB-C55(第2世代)』の定価は7397円です。Apple純正「USB-C Digital AV Multiport」の定価である7400円とほぼ同価格ですが、より高性能なハブが入手できるので、購入を検討されている方にはオススメです。

こちらの記事を読んでいただいたライフハッカー[日本版]読者に、期間限定でAmazonのクーポンをプレゼント。

ご紹介した AUKEY USB-Cハブ『CB-C55(第2世代)』 が5日間、20%オフでご購入可能です。

クーポン:U7MEU9E7(1480円オフ)

有効期間:12/7(木)~12/11(月)まで

詳しい使い方はこちらのAUKEY公式ブログをご覧ください。

Photo: 傍島康雄

Source:AUKEY JAPAN,AUKEY公式ブログ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高機能なのに、めちゃお買い得!なコスパ時計9選
DMM.com、「スター・ウォーズ」ファースト・オーダー ストームトルーパーのロボットの受注を開始
2018年は業界の垣根を越えた「AI維新」時代の幕開けの年に
ラグジュアリーな時計が日々の生活をトラッキング。Nokia「Steel」限定モデル
話題の音声翻訳機「ili(イリー)」は本当に海外で使えるのか? 留学経験者に聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加