西武菊池雄星、自身初毎回Kも05年松坂以来の黒星

西武菊池雄星、自身初毎回Kも05年松坂以来の黒星

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

力投する西武菊池雄星(撮影・渦原淳)

<オリックス4-2西武>◇10日◇京セラドーム大阪

西武菊池雄星投手(26)が、オリックス戦で12三振を奪って自身初の毎回奪三振を記録も、4失点で敗戦投手となった。

毎回奪三振で黒星の西武投手は05年5月18日松坂に次いで2人目の不運だ。これで菊池の奪三振数は7月27日オリックス戦から12→11→12。西武で3試合連続2桁奪三振は96年西口、05年松坂、09年涌井に次いで4人目の球団タイ記録。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元プロ野球選手・森本稀哲、スーパースター・新庄剛志に憧れ金銭感覚が崩壊
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
【MLB】メジャーNO1捕手モリーナ、驚愕送球で盗塁阻止「ワオ!」「とてつもない」
ロッテ伊東監督「3拍子そろう逸材」広陵中村を絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加