大阪桐蔭 24点5回コールド発進 履正社Vが刺激

大阪桐蔭 24点5回コールド発進 履正社Vが刺激

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/09/14
No image

今秋初戦で4番に座った大阪桐蔭・西野(撮影・望月千草)

<秋季近畿地区高校野球大会大阪府予選:大阪桐蔭24-0渋谷>◇2回戦◇14日◇豊中ローズ球場

今夏大阪大会準々決勝で敗退した大阪桐蔭の新チームが、初の公式戦に臨み5回24得点のコールド勝ちで白星発進した。

スキのない野球を展開した。初回、無死一、二塁から3番吉安遼哉内野手(2年)の適時打で先制。4番西野力矢内野手(2年)も適時二塁打で続き、中軸の連続適時打で攻撃のリズムを作った。なお、1死二塁から6番船曳烈士外野手(2年)の左越え2ランで追加点を挙げると、8番上野海斗外野手(2年)も左越えソロを放ち、この回打者一巡で6得点した。

2回にも無死一塁から4番西野が「上からたたいていくことを意識した。ライナーの良い当たりで出来ている」と中越え適時二塁打で7点目を挙げるなど、この試合4安打3打点。打線も攻撃の手を緩めることなく、毎回得点で4本塁打を含む19安打24得点だった。 先発の藤江星河投手(2年)は3回1安打無失点。投打のかみ合った展開で公式戦1勝目を飾った。

手堅い試合展開を見せたが、西谷浩一監督(50)は「勝ちたい思いを表現しようという話をしました。まだ仕上がっているとかではなく、勝つことによって集中できると思います」。この夏は同じ大阪の履正社が夏の甲子園で優勝。「同じ大阪でやってきた仲間というか、刺激になります。対履正社ではないですが、この秋頑張る刺激になります」と、この秋もともにしのぎを削っていく。

新主将には薮井駿之裕内野手(2年)が就任。「去年負け通して、逆襲したい気持ちです」と力強く話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大阪桐蔭、16強 エース左腕・藤江、投打で活躍「桐蔭の“1”になるために来た」
仲邑菫初段、若鯉戦で羽根彩夏初段と対局
野口みずき、中島恵利華...あの超有名スポーツ選手たちの「いま」
神村学園軸に優勝争い? レベルの高い上位争いに期待【秋季鹿児島県大会 展望】
履正社5回戦へ 8回代打真鍋2ランは公式戦初安打
  • このエントリーをはてなブックマークに追加