大阪桐蔭12安打8点!初の2度目春夏連覇へ好発進

大阪桐蔭12安打8点!初の2度目春夏連覇へ好発進

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

米子松蔭戦に先発する大阪桐蔭・徳山壮磨(撮影・伊藤航)

<全国高校野球選手権:大阪桐蔭8-1米子松陰>◇11日◇1回戦

史上初となる2度目の春夏連覇を狙う、センバツ王者の大阪桐蔭が、米子松陰から12安打8得点を奪って快勝、2回戦に進出した。

大阪桐蔭は1回、大阪大会チームNO・1打率6割を誇る福井が右翼ポール際にソロ本塁打を放ち先制。2回には無死一塁から根尾が左中間を深々と破る適時二塁打を放ち2点目。4回にはエース徳山の左前適時打で3点目を奪った。5回には山本ダンテ武蔵の左前適時打と捕逸で2点を加点した。6回1死三塁から藤原の三塁ゴロの間に1点を追加し中盤までに6点をリードした。。

米子松陰は7回に反撃。津島の右前への三塁打と悪送球もあり、津島が一気に本塁に生還し1点をかえした。

大阪桐蔭は7回2死二塁から根尾が左翼手頭上を越える適時二塁打、坂之下が中前適時打を放ちこの回2点を追加し、だめ押しした。

大阪桐蔭のエース徳山は4回まで無安打投球を見せるなど7回2安打1失点(自責0)の好投で勝利に貢献した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大阪桐蔭・中川痛恨一塁ベース「またいでしまった」
荒木大輔氏、大阪桐蔭一塁踏み損ねに「丁寧にいきすぎたと思う」
甲子園ベスト8が激突!「最も面白い」準々決勝を広角展望
[全中]「夢追う足 限界なし」開催地枠宇城市立小川中が神戸市立歌敷山中に競り勝ち初戦突破(8枚)
仙台育英10年夏にも敵失星!大阪桐蔭ミスで命拾い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加