銀座の隠れ家絶景カプセル!ザ プライム ポッド 銀座 東京

銀座の隠れ家絶景カプセル!ザ プライム ポッド 銀座 東京

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2018/01/13
No image

銀座の隠れ家絶景カプセル!ザ プライム ポッド 銀座 東京

銀座の夜をロマンチックに過ごすなら、2016年10月にオープンした話題の進化系カプセルホテルへ。今回ご紹介する「ザ プライム ポッド 銀座 東京」は、東銀座駅から徒歩1分という好立地にも関わらず、基本料金3,500円~というリーズナブルなお宿です。バー併用のラウンジに座れば、大都会の夜景というプラスαのお楽しみも。ここは極上の銀座ライフを気軽に満喫できる夢のような場所!女性一人旅にもおすすめです。

銀座でオシャレにこもるなら、ココ!

No image

写真:安藤 美紀

東京観光の定番スポット「歌舞伎座」がすぐ目の前。地下鉄・東銀座駅のA4出口から徒歩1分、群馬県のアンテナショップが1Fにあるビル「銀座デュープレックスタワー5/13」に「ザ プライム ポッド 銀座 東京」はあります。

フロントは、最上階の13階。エレベーターの扉が開くと、すぐそこがフロント兼ラウンジです。落ち着いた木目調の家具、そして天井にはシャンデリアが!「カプセルホテルって古くさい…」は昔の話。「さすが銀座!」と言いたくなるラグジュアリーな空間が広がっています。

No image

写真:安藤 美紀

銀座の夜景を見渡せるラウンジは、特に窓際の席がおすすめ。AC電源もありWi-Fiも無料。目の前にはロマンチックな夜景が広がり、おこもりするのに、この上ない空間といえるでしょう。

No image

写真:安藤 美紀

そんな「ザ プライム ポッド 銀座 東京」での滞在に欠かせないのが、バーの存在。ラウンジはチェックインの16時から夜中3時ぐらいまでバーとしても営業しており、のんびりと過ごすことができます。

カウンターに置かれたスペイン産の生ハムは、注文するとその場で切ってもらえる「切りたて」をいただけます。この生ハム、熟成させているため、日本のものと違って少し硬め。でも味は濃厚で、まろやかな塩気と味に奥行きがあります。

銀座の夜は意外と早い…。夜の街というイメージがあるかもしれませんが、飲食店は夜11時頃に閉まってしまうことがよくあります。そんなときは、一人で夜景を眺めながら生ハムをつまんでも良し、友達同士でおしゃべりに興じながら食べても良し。思い思い贅沢なバータイムを楽しみましょう。

クラシカルなターミナルをイメージしたPOD

No image

写真:安藤 美紀

宿泊エリアは、13階と12階が男性専用フロア、11階が女性専用のフロア。カードキーで解錠と施錠ができ、セキュリティも万全です。そして、クラシカルなターミナルをイメージしたというPODは、木の温もり溢れるオシャレなデザイン。眠る前からリゾート気分をあげてくれます。

No image

写真:安藤 美紀

「ザ プライム ポッド 銀座 東京」の「ポッド」とは「繭」の意味。その言葉どおり、寝心地は実に快適です。

宿泊タイプは、2段式ベッドタイプの「スタンダードPOD」と個室タイプの「グランドPOD」の2種類がありますが、いずれも、全米売上No.1のサータ社製マットレスを使用しています。実際に寝てみると、硬すぎず柔らかすぎず。まさに「繭」の中で優しく包み込まれるような寝心地です。そして、静音カーテンレールや遮光カーテンを使っているため、外の物音や光もまったく気になりません。

各ポッドには、19インチのTV、貴重品ボックス、USBもそのまま充電できるコンセント、ヘッドフォンなどを装備。のんびりと寝たまま仕事や読書ができる「おこもり感」がくせになります。

No image

写真:安藤 美紀

通常のカプセルホテルというと、窓がない閉鎖的なイメージですが、「ザ プライム ポッド 銀座 東京」のコーナーには窓があります。「ここから銀座の夜景が見られるなんて!」と楽しめること間違いなしです。

窓付きの部屋も!グランドビュールームでゆったり広々ステイ

No image

写真:安藤 美紀

「ザ プライム ポッド 銀座 東京」でぜひ試してほしいのが、男女フロア各3部屋ずつしかない「グランドPOD」。「スタンダードPOD」とはエリアが分かれており、入り口のカーテンを開けると、銀座の夜景をちりばめた美しい景色が目に飛び込んできます。

No image

写真:ザ プライム ポッド 銀座

タイプBとCのグランドビューと称した2部屋は、壁面がほぼガラスになっていて、部屋を真っ暗にしても、まばゆい都心の夜景が輝きます。窓なしのタイプAは、夜景は見えませんが、個室になっているため、スーツケースの出し入れがしやすくて便利です。

女子3人グループなら、「グランドPOD」を貸し切って一緒に泊まるのもオススメ。ただし部屋数が少ないため、早めのご予約を!

アメニティも充実!快適な共有スペース

No image

写真:安藤 美紀

パウダールームにはマイナスイオンのドライヤーを装備。大浴場はありませんが、鍵付きシャワーブースには、ちゃんとシャンプー・リンス・ボディソープが用意されています。さらに、女性フロアは充実した品揃え。安心の国産メーカー資生堂のメイク落とし・洗顔・化粧水に加えて、コットンや綿棒もあります。バスタオルやフェイスタオル、部屋着などは各ポッド内に置かれていますので、手ぶらできても不便さを感じることがないはず。

朝食&軽食に。こだわりのホットドッグは必食

No image

写真:安藤 美紀

朝食付宿泊プランにすると、お部屋のみの料金+300円でホットドッグの朝食が付けられます。じつは、このホットドッグがすごく美味しい!「ザ プライム ポッド 銀座 東京」を利用するなら、ぜひ食べてみてください。

パリッとしたソーセージをサンドしているのは、バターをたっぷり含んだしっとり系のパン。ソーセージの塩味とよく合うように開発されたオリジナルのパンなのです。トッピングは、ザワークラウト・スイートレディッシュ・フライドオニオンの3種類。好きなだけトッピングができますので、自分好みにカスタマイズしましょう。ベジタリアンの人でソーセージが食べられないわ…という人は、ガーリックトースト等にアレンジしてもらえますよ。

また、このホットドックは朝食の時間帯以外でも、ホットドック&コーヒーのセット500円で販売されています。ちなみに、ホットドッグ単品350円、コーヒー1杯200円。銀座でこの価格は安い!

No image

写真:安藤 美紀

銀ぶらと言われるように、歩いて楽しい銀座の街。ギンザシックスが開業するなど、華やかな雰囲気が街の魅力になっています。銀ぶらついでに、ついつい買い物しすぎちゃったな…というときは、フロントのスタッフにお声がけください。お土産や荷物を預かってもらえるそうですよ!こういう気遣いは、旅行者には嬉しいですよね。

銀座でどこ泊まる?迷ったら「ザ プライム ポッド 銀座 東京」へ

まだカプセルホテルに泊まったことがないという人がいたら、ここはカプセルデビューにオススメです。築地や有楽町、東京駅などすべて徒歩圏内。羽田空港や成田空港へも、最寄りの地下鉄やバスを使えば、ダイレクトにアクセスできます。

観光やビジネスに、滞在の目的は人それぞれだと思いますが、お値打ちに銀座のスペシャル感を体験できることは間違いありません!あなたも、東京観光の切り札として「ザ プライム ポッド 銀座 東京」をセレクトしてみてはいかがでしょうか。

関連MEMO

ザ プライム ポッド 銀座 東京

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は21日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay
「トイレに入ったら “ウンコよりヒドい物” が便器に残されてました」って画像
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
ベトナムで1000年に一度の美女が発掘される!本当に美人すぎ
“一番最初に何が見えたか”でわかる「恐い心理テスト」がスゴすぎる! 死、病気、裏切り... あなたが無意識に恐れていることがズバリ判明!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加