「ガザの美容室」監督がガザ侵攻中の撮影語る「僕らの責務は彼らの人生を語ること」

「ガザの美容室」監督がガザ侵攻中の撮影語る「僕らの責務は彼らの人生を語ること」

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2018/05/17

第68回カンヌ国際映画祭批評家週間に出品された「ガザの美容室」より、監督を務めたタルザン・ナサールのインタビューが到着した。

No image

「ガザの美容室」監督のアラブ・ナサール(左)、タルザン・ナサール(右)。

すべての写真を見る(全18枚)

No image

パレスチナ自治区ガザで生まれ育った双子のタルザン・ナサールとアラブ・ナサールがメガホンを取った本作は、ガザの小さな美容院を舞台に、戦火の中で日常を生きる13人の女性を描く物語。「扉をたたく人」のヒアム・アッバスらが出演した。

No image

「世界の人々はガザ地区に住む、ごく普通の人間の暮らしを知らない」と明言するタルザン・ナサール。「ガザ地区の女性たちは、頭からつま先までベールで覆っていて外の世界の価値観を知らないというようなお決まりの姿で描かれる。でも、他の地域の女性と同じように、彼女たちは幸せを感じたり悲しんだり、日々の問題に向き合い、恋もするし、自分の意見も持っている。僕らはそんな人々の暮らしを映画にしたかったんだ」と作品に込めた思いを明かす。

No image

パレスチナで暮らす女性について「社会が彼女たちに見合う場所を与えていない」と見解を述べると、「僕らにとって、女性たちはヒーローなんだ。戦争中であっても、彼女たちは常に人生を選択している」と続ける。劇中の13人の女性に関して、ブルジョアの主婦、敬虔なイスラム教徒、ガザに住み着く外国人など典型的な人物を集めたというタルザン・ナサールは、「宗教の違いや社会的地位、政治的信条、家庭環境の違い、日頃の出来事などのテーマを使って、僕らは興味深い人物像を作り上げようとした」と言及した。

No image

2014年7月、撮影準備中にイスラエルによるガザ侵攻が起こり、作品のテーマについて考え直さざるを得なかったという。撮影を続行した理由についてタルザン・ナサールは「僕らは死ではなく人生を描きたかったからだ。ガザ侵攻で人々が殺されている時に、僕らが負った責務は、彼らの人生を語ることだった」と明かす。「あらゆる困難をものともせずに暮らし続ける人々を、僕らは代弁し続けなきゃならないんだ」と自らの使命を語り、「いつか政治的側面がまったくない映画を作れる日が来ることを願っている」と展望を述べた。

「ガザの美容室」は6月23日より東京・新宿シネマカリテ、UPLINKほか全国で順次ロードショー。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
元TOKIO・山口達也のせいで......小松菜奈、出演映画の“連敗記録”を更新へ!?
美人農大生が全裸の家畜に堕落...性の玩具に調教された女の末路とは?
『劇場版 夏目友人帳』ニャンコ先生が、3体に分裂!?
有村昆が伝授! おバカでエッチなお宝映画の楽しみ方
「銀魂2」中村勘九郎が近藤勲役で続投「今回は初日に服を着ていた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加