“領海拡大”海保が海図作成のため上陸へ

“領海拡大”海保が海図作成のため上陸へ

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19
No image

海上保安庁は、小笠原諸島の西之島の海図を作成するため、22日から来月10日にかけ、島への上陸を伴う測量調査を行うと発表した。西之島は今年8月から上陸が可能となっていて、沿岸部の地形や島周辺の水深を測定する予定。

海図を作成することで、日本の領海は69平方キロメートル、排他的経済水域は52平方キロメートル程度、拡大する見込みだという。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
なぜ昭和のレーサーレプリカに平成っ子たちが夢中になるの!?
ロート製薬 副業OKでも23期連続増収のワケ
スバル米国販売11.4%増、60か月連続で増加 11月
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
  • このエントリーをはてなブックマークに追加