村田、順調な仕上がり KOでの王座奪取に手応え「当たれば倒せる」

村田、順調な仕上がり KOでの王座奪取に手応え「当たれば倒せる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/18
No image

世界戦に向け、練習を公開した村田諒太

「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(22日、両国国技館)

WBA世界ミドル級1位の村田諒太(31)=帝拳=が12日、都内のジムで王者アッサン・エンダム(33)=フランス=戦に向けた公開練習を行った。2ラウンドのスパーリングで順調な仕上がりを見せ、前回対戦でダウンを奪った右ストレートについて「当たれば間違いなく倒せる」と手応え。互いに手の内を知る再戦だが、前回のダウンが精神的優位に作用すると自信を持つ。上から目線でベルトを奪いにいく。

決戦まで10日、調整は最終段階に入った。「試合が近づいている緊張感がある。(8月3日の再戦発表から)いいときも悪いときもありましたけど、充実した日々を送ったし、試合が楽しみ。やはり倒したい」とKOでの王座奪取を誓った。

2ラウンドのスパーリングでは堅いガードと強いプレス、そしてジャブから強烈な右を繰り出すなど、攻守ともに積極的だった。「右がしっかり打ち込めるかどうか。当たれば間違いなく倒せる。チャンスが来たら逃がさない。無理をしてもいく」と本番は最高にギアを上げるつもりだ。スパーリングパートナーも「右は元々強いけど、今回はよりキレている。あれをもらったらエンダムは眠るよ」と、勝利を断言した。

村田は互いに手の内を知る再戦について「お互いタイミングは読めているし、駆け引きになる」と慎重な構えを見せつつ、前回対戦の4回に右ストレートでダウンを奪った事実を重視。「倒されたことで、エンダムには恐怖心があると思う。自分に心理的不利はないですね」と、精神的優位を強調した。

疑惑のジャッジ問題が尾を引き「村田優位」の見方は多い。だが、村田は「勝って当たり前という気持ちは全くない。気を引き締めていく」と、スキはない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヒクソン・グレイシーが語る『PRIDE.1』高田延彦戦20年目の真実 「タカダがどれほどの実力の持ち主なのかは関係なかった」
小出義雄氏、比嘉の脚に「ほれぼれしちゃうね。Qちゃんも負けちゃうよ」/BOX
日本の総合格闘技は異次元に入った
堅牢無比の村田と不撓不屈のエンダム、どっちが勝つ
内藤哲也が来年2月に米参戦、ARフォックスと対戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加