G大阪井手口が大黒柱の覚悟、成長示した先制弾

G大阪井手口が大黒柱の覚悟、成長示した先制弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

大宮対G大阪 前半、ゴールを決め喜び合うG大阪MF井手口(左)(撮影・鹿野芳博)

<明治安田生命J1:大宮2-2G大阪>◇第26節◇16日◇熊谷陸

ガンバ大阪のMF井手口が、成長を示す1発を決めた。前半28分、MF泉沢のクロスは相手に当たって、ゴール正面に駆け上がってきた井手口の足元へ。「当たり損ねた。たまたま」という右足ダイレクトボレーが先制点となった。7月1日仙台戦以来の今季通算4点目。前日に「アシストやゴールを決めたい」という宣言通りの活躍だった。

8月31日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦で、本大会出場を決定付ける豪快なミドルシュートを披露してブレークした。「ゴールの意識は代表でも変わらない。毎試合(得点を)取れる選手になりたい」。この日は一時は逆転を許したが、FW長沢が後半ロスタイムに執念の同点弾を挙げた。「若い選手に勢いがないとチームが活性化しない」という井手口が、G大阪の大黒柱となる覚悟を見せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大宮の監督の目に留まった「小さい頃から知っていた」筑波大のある選手とは
【AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝 韓国戦 ハイライト動画】リトルなでしこ、押し気味に進めた韓国戦をPK戦で落とす...U-17W杯出場権は中国との3位決定戦に持ち越し
井手口の不敗神話が崩壊...G大阪、柏に敗れ8強ならず/天皇杯
微妙なゴールライン判定に「モヤモヤ」も...筑波大FW中野「自分がきれいに決めていれば」
G大阪 ミスで自滅 追い上げるもあと1点...守護神・東口ガックリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加