山崎賢人、制服姿に不安? 広瀬アリスは“妹”とのギャップ心配

山崎賢人、制服姿に不安? 広瀬アリスは“妹”とのギャップ心配

  • ぴあ映画生活
  • 更新日:2017/10/17
No image

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」という省エネ主義をモットーに生きる高校生探偵の折木奉太郎(山崎)、「これ、気になります!」と好奇心があふれ出すと、誰にも止められないお嬢様ヒロインの千反田える(広瀬)が学園内で起こるさまざまな事件を解決していく。

これまでとテイストが異なる役どころに挑んだ山崎は、「省エネがモットーなので(笑)、感情をつけてしまうと(役柄から)外れてしまうので、そのラインを考えながら、演じました」。それだけに「自分のことでも、やらなくていいことはやらないのに、えるから学園の謎を解決してほしいと言われて……、頑張っています」と自らの奮闘をアピールしていた。

一方、ヒロインを演じる広瀬は「第一印象では、役と自分が正反対でしたが、好きなものに対しては周りが見えなくなってしまう点は似ているかなって。でも、とても可愛らしいキャラクターなので、奉太郎とは真逆に、元気に明るく演じました」と振り返った。

映画の内容にちなみ、「これが気になる!」をテーマにトークが始まると、学生を演じる機会が多い山崎が「制服、まだいけますか?」と広瀬に相談する場面も。これに対し、広瀬は「着られるなら着たいですけど……。この作品の前に『新宿スワンII』でキャバ嬢役だったので、その後に制服を着るのはすごく抵抗がありました」と本音。さらに「この業界に、顔が小さくて制服が似合う子がいて……。ギャップが大丈夫かなと」と名前こそ出さなかったが、妹の広瀬すずを引き合いに笑いを誘っていた。

取材・文・写真:内田 涼

『氷菓』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いじめと批判も「バカ殿様」特番に賛否両論
綾瀬はるか主演ドラマに世田谷区民から「イメージが悪くなる」と不満噴出
松潤との破局で脱皮?井上真央「明日の約束」での頼もしい座長ぶり
元SMAP3人がSNSを学ぶ!『72時間ホンネテレビ』事前番組、10・28放送決定
QJで「水ダウ」50ページ特集!芸人やスタッフ大集結、クロちゃんも目隠しで登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加