UKアルバム・チャート、『グレイテスト・ショーマン』のサントラが1位

UKアルバム・チャート、『グレイテスト・ショーマン』のサントラが1位

  • BARKS
  • 更新日:2018/01/13
No image

今週の全英アルバム・チャートは、映画『The Greatest Showman(グレイテスト・ショーマン)』のサウンドトラックが先週の4位から上昇し、1位に輝いた。同作は先週、アメリカでも1位を獲得。今週も引き続き首位をキープする見込みで、米英両チャートを制覇しそう。

◆『The Greatest Showman』ジャケット画像

同アルバムに収録され、映画のテーマソングでもある「This Is Me」(Benj Pasek & Justin Paul作/パフォーマンス:Keala Settle)は、アカデミー賞の前哨戦と言われるゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞した。全英アルバム・チャートでサウンドトラックが1位を獲得するのは、同じくBenj PasekとJustin Paulが作詞家として携わった『La La Land』以来だった。

先週トップだったエド・シーランの『÷』は2位に、サム・スミスの『The Thrill Of It All』が2位から3位へそれぞれ1ランク・ダウン。年明けでまだ動きが小さかった今週、新たにトップ10入りした新作はなかった。

シングル・チャートは依然、エド・シーランが強く、「Perfect」が6週連続で1位を獲得した。2位も変わらず、シーランをフィーチャーしたエミネムの「River」がキープ。リタ・オラの「Anywhere」が4位から3位へ再浮上した。

今週は、カーディ・Bとコラボしたブルーノ・マーズの「Finesse」のリミックス(7位)、バスティルをフィーチャーしたクレイグ・デイヴィッドの「I Know You」(10位)の2曲がトップ10圏内に初登場している。

Ako Suzuki

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ももクロ・有安杏果、涙のラストライブ。サプライズの新曲披露に言葉をつまらせる場面も
東方神起 史上初の3日連続日産公演  5大ドームツアー大阪でファイナル
BLACKPINK、5ヶ月ぶりの日本でのステージで大トリを飾る
吉川晃司、今後1年間は歌わずポリープ治療に専念+2019年2月に“復活&35周年的”武道館公演
使い切ると美しい作品が完成 アーティスティックなメモ帳「OMOSHIROI BLOCK」が登場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加