大坂なおみに敗れたパブリウチェンコワ「大阪は特別な場所になった」。観客に感謝

大坂なおみに敗れたパブリウチェンコワ「大阪は特別な場所になった」。観客に感謝

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2020/04/08

「東レ パン・パシフィック・オープン」(日本・大阪/9月16日~22日/ハードコート)の大会最終日、女子シングルス決勝で第1シードの大坂なおみ(日本/日清食品)に2-6、3-6で敗れ、準優勝となった世界41位のアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)が表彰式でスピーチを行った。パブリウチェンコワは「このトロフィーは私が目指していたものではありません」と前置きをした上で、「今日とても素晴らしいテニ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加