『悪と仮面のルール』新木優子の新場面写真解禁 繊細な役作りでヒロイン熱演

『悪と仮面のルール』新木優子の新場面写真解禁 繊細な役作りでヒロイン熱演

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2017/12/07
No image

映画『悪と仮面のルール』でヒロインを演じる新木優子 (C)中村文則/講談社(C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会

俳優の玉木宏主演で中村文則氏の小説を実写化する映画『悪と仮面のルール』(中村哲平監督 2018年1月13日公開)より、ヒロインを演じる新木優子の場面写真が7日、ORICON NEWSに到着した。

【劇中カット】主演・玉木宏&ヒロイン役の新木優子

新木が演じるヒロイン・久喜香織は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられた主人公・文宏(玉木)に、父が「完全な“邪”にするべく、14歳の時に文宏が地獄を見せる」ために久喜家の養女となった少女。文宏は父が香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返し、やがて香織を迫る脅威から救うために、自らの運命に立ち向かうことを決意する。

元々原作のファンである新木は、ヒロインのオファーを受けた時「原作ファンとしてうれしくもあり、またプレッシャーも感じました」とコメントしていた。撮影前に原作・脚本を読み込み、玉木、中村監督とともにリハーサルを繰り返し、香織のキャラクター像を作り上げた。

文宏とともに、壮絶な幼少期を生きながらも、繊細で上品な人物である香織を表現するために、しゃべるスピードをゆっくりにしたり、まばたきのタイミングを変えるなどの繊細な演技で原作の世界観と、香織のキャラクターを丁寧に表現。撮影が始まる時、制作陣は「ああ、香織がいる」と思ったと振り返り、新木は作品について「サスペンスでありながら、最後には想像もしなかったような愛が見つかる映画」と語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ブラックパンサー」予告編、変身シーンやマイケル・B・ジョーダン演じる悪役の姿も
「ブラックパンサー」予告編公開!「アベンジャーズ」最新作に直結
『ブラックパンサー』変身シーン&アクション満載の日本版予告公開
「ハリウッド、いきまーす!」 ガンダムや春麗、キングコングたちが電脳空間で共演する夢の映画「レディ・プレイヤー1」予告映像公開
『スパイダーマン:スパイダーバース』2019年、日本公開決定 映像&画像解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加