牛丼屋の紅ショウガ、大量に使うのってアリ? 牛丼チェーン御三家に問い合わせてみると...

牛丼屋の紅ショウガ、大量に使うのってアリ? 牛丼チェーン御三家に問い合わせてみると...

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2019/09/22

牛丼は学生からサラリーマンまで手軽に食べられるランチとしても人気のメニューだ。「うまい、やすい、はやい」と言えば「吉野家」。10月からの消費増税でも「すき家」と「松屋」はテイクアウトと店内の価格を統一するなど、お財布にもやさしいイメージが根強い。

No image

お財布にやさしいイメージのある牛丼。紅ショウガは無料だが、大量に使いまくる客も…(※画像はイメージです。以下同)

しかし、客の中にはお得だからと言って、無料でトッピングすることが可能な「紅ショウガ」を大量に使用する人がいるという。

「カウンターを眺めていたら、肉が見えなくなるほど大量に乗せたり、味噌汁に入れたり……テイクアウト時に紅ショウガを箱ごとかっぱらう人を見かけて驚きました」(40代・会社員)

これらの行動は、味覚としてもマナーとしても疑問に感じる。そこで、店側はどう感じているのか、牛丼御三家に問い合わせてみると……。

◆紅ショウガを大量に使う理由

そもそも、紅ショウガを大量に使う理由は何なのだろうか。いつも牛丼屋では紅ショウガを大量に使うという梅内さん(20代・仮名)が言う。

「単純にうまいから。あとは、途中までは普通に食べて、後半から大きく“味変”させたいからというのもあります」(梅内さん)

味変をしたいのであれば適量を使用すればいいものを、と疑問が残るが、もう一人話を聞けた門八さん(30代・仮名)は「貧乏性なので」と話す。

「タダで食べられるものはもらっておこうというのはあります。大量に持ち帰って、家で別の料理にも使いたいと思っているのもあります。……自炊はしないですけど(笑)」(門八さん)

紅ショウガは「薬味としておいしい」ことに加え、やはり「タダだから」ということが大量使いに拍車をかけているようだ。

◆店員が困惑する客の行動“フライング紅ショウガ”

No image

味の好みは人それぞれだが、肉よりも多く紅ショウガをのせる客もいる

そんな紅ショウガを大量に使う客の様子に、牛丼屋の店員が気づいていないはずがない。長年、某牛丼屋でアルバイトをするフリーターの高橋さん(20代・仮名)は「テイクアウトだとメインの商品おひとつにつき紅ショウガ、七味など小袋は各3つまでという規定はありますが、店内では特に規定はありません」と話す。紅ショウガを肉が見えなくなるほど大量に乗せる客を見かけることもあると言うが、そこまで気にしていない様子。

「もはや紅ショウガ丼では……と思いますが、美味しく召し上がられているならいいのかな、と思います。味としてベストというか、お客様で多いのは牛丼の真ん中にトング2つかみ分くらい乗せられる方が多いのでそのくらいが適量ではないでしょうか」(高橋さん)

とはいえ、紅ショウガにまつわる客のビックリ行動もあるという。

「店内でお召し上がりの商品を待っている間、テーブルにペーパーナプキンを置き、その上に紅ショウガをたくさん置いてお待ちになっているお客様をちょこちょこ見かけます。提供までそんなに時間かからないのでそれぐらい待って……と思うんですけど、待てないのか理由はわかりません。普通にテーブルも汚れるのでやめて欲しいです!」(同上)

たしかに、紅ショウガをつまみに飲んでいるわけでもないのに「フライング紅ショウガ」をする理由は謎だ。さらに、大量に持ち帰って、家で別の料理にも使いたいという意見については……。

「通販もありますので、そちらでご購入頂ければ……と思います」(同上)

しかし、きっと「貧乏性」を理由にあげる客たちが、通販で購入してまで紅ショウガを欲しているわけではないのだろう。

◆正式ルールはあるのか? 牛丼御三家に問い合わせてみると…

アルバイト店員の高橋さんは特に大量に紅ショウガを使用することについて苦言を呈すことはないと話していたが、各牛丼屋チェーンでは正式に紅ショウガの使用量についてルールを定めているのだろうか? 各社の広報に話を聞いた。

――顧客の紅ショウガの使用ルール(使用・持ち帰り個数制限)に関して、店舗でのガイドラインやルールなどは定めていますか?

「テイクアウトはお客様にご入用か伺い、弁当1個につき紅生姜最大3個までご要望に応じてつけさせて頂いております」(吉野家)

「弊社としてはお好みでお使い頂いているので、何を何個までというのは決めておりません。持ち帰りのドレッシングなどはお渡しする数を定めておりますが、店内で召し上がっている方に関しては好きなだけお使い頂いております」(松屋)

「特にルールは定めてございません。基本的にはしょうゆやドレッシング、七味と同じくお客様のお好みでご利用頂ければと思います」(すき家)

――推奨する食べ方として、紅ショウガはどのぐらいの量がおいしく食べることができるのでしょうか?

「あくまで牛丼を美味しく召し上がっていただくための薬味と考えておりますが、 お客様のお好きなように召し上がっていただければと考えております。弊社も食品ロスの削減に努めておりますので、節度を持って楽しんでいただければ幸いです」(吉野家)

「人それぞれなのでどのくらいの量が適量というのはありません。お客様によってはサラダ用のフレンチドレッシングを酸味が美味しいからと牛丼にかける方もいらっしゃいますし、塩コショウを使うかたなども多くいらっしゃいます。お客様のお好みでご利用頂ければと思います。ちなみに、プレミアム牛めしは何もかけずにそのままでも美味しくお召し上がりいただけますよ」(松屋)

「お好みに合わせてご利用頂けたらと思っておりますので、特にこのぐらいがいいなどはございません。チーズやねぎなど様々なメニューがございますので、そのトッピングによっても適量は変わってくるかと思います」(すき家)

各チェーンとしては、特に厳密に定めているわけではなさそうだが、無料だからといっていくらでも使用して良いわけではない。さらに、大量に持ち帰ったものの食べきれずに捨てるなんてことは言語道断だ。節度を持って美味しく食べることのできる、自分だけの“紅ショウガの黄金比率”を見つけたいものだ。<取材・文/松本果歩>

【松本果歩】

恋愛・就職・食レポ記事を数多く執筆し、社長インタビューから芸能取材までジャンル問わず興味の赴くままに執筆するフリーランスライター。コンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり。Twitter:@KA_HO_MA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
吉野家・すき家・松屋、大不評のメニュー5選!松屋のカレー改悪?
「じゃがりこ」ミュージアム 期間限定でオープン
「1人前600円の自炊」に頼る母親は甘えているか
「日清のどん兵衛 きつねそば」5年ぶりに復活
【エコなワザ】アレを入れるだけで「揚げ油」が酸化せず長持ちする!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加