前年優勝の土居美咲がデービスに2連敗で初戦敗退 [BGL BNPパリバ ルクセンブルク・オープン]

前年優勝の土居美咲がデービスに2連敗で初戦敗退 [BGL BNPパリバ ルクセンブルク・オープン]

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2016/10/18
No image

「BGL BNPパリバ ルクセンブルク・オープン」(ルクセンブルク・ルクセンブルク/10月17~22日/賞金総額25万ドル/室内ハードコート)のシングルス1回戦で、第6シードの土居美咲(ミキハウス)は予選勝者のローレン・デービス(アメリカ)に1-6 2-6で敗れた。試合時間は1時間5分。
土居とデービスは2014年1月にシドニー(WTAプレミア/ハードコート)の予選で初対戦しており、デービスが6-0 4-6 7-5で勝っていた。
今大会には昨年に続いての出場だった土居。昨年は決勝でモナ・バートル(ドイツ)を6-4 6-7(7) 6-0で破り、シングルスでのWTAツアー初優勝を果たしていた。
デービスは2回戦で、予選を勝ち上がってきたクリスティーナ・プリスコバ(チェコ)とワイルドカード(主催者推薦枠)のオセアン・ドダン(フランス)の勝者と対戦する。
ルクセンブルク・オープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。
◇   ◇   ◇
【上位出場選手シード順位(シングルス)】
ペトラ・クビトバ(チェコ)[1]カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[2]キキ・バーテンズ(オランダ)[3]カロリーヌ・ガルシア(フランス)[4]
※[ ]数字はシード順位
(テニスマガジン/Tennis Magazine)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
錦織 地獄トレ「ブルーになる」
奈良 イケメンは「ゴンサレス」
日本ラウンドが終了、ジャパン・ウォリアーズはホームで2勝目ならず [Coca-Cola IPTL]
錦織ら 4位で日本ラウンド終了
錦織とキリオスが見せた極上のエンターテインメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加