新たなステージへ!!みるじぇねプレミアライブ振り返りレポート

新たなステージへ!!みるじぇねプレミアライブ振り返りレポート

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/04/20
No image

セクシー女優、東凛、阿部乃みく、川上奈々美、希美まゆが出演した「MilGene Premiere LIVE(みるじぇねプレミアライブ)」

セクシー女優の、東凛、阿部乃みく、川上奈々美、希美まゆが出演した「MilGene Premiere LIVE(みるじぇねプレミアライブ)」が、4月7日に東京・J-SQUARE SHINAGAWAで開催された。

トップバッターは、みるじぇね初登場の東凛(歌手活動時はRin)

主催は、元&現役セクシー女優が所属し、「オリジナル楽曲」「生楽器」にこだわったライブや楽曲制作などを行う音楽プロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“みるじぇね”)。

この日が「Premiere LIVE」と銘打ったライブ第一弾で、バンド編成はキーボード(松岡美弥子)、ベース(ヤマトヤスオ)、ドラム(小山田和正)。会場に来られない方のために、リアルタイムでライブを楽しむことができるVR映像生配信も行われた。

トップバッターは、みるじぇね初登場の東凛。今回が初ステージだそうで、緊張した様子で「いつもは『東凛』として活動しておりますが、歌のときは『Rin』として活動していきます」と挨拶。セットリストは「TOMORROW」(岡本真夜)、「歌舞伎町の女王」(椎名林檎)、「PRESENTS」(オリジナル)。

これが初めてのステージとは思えない堂々たる貫禄とともに、1曲目「TOMORROW」(岡本真夜)から伸びやかな美声を披露。曲終わりには「緊張して歌詞を間違えました…」と明かすが、正確に一音一音刻むリズム感の良さや全力でライブを楽しむ彼女は、初ステージですでに“Rin”としての世界観を作り上げているようだった。

2曲目「歌舞伎町の女王」(椎名林檎)では赤いレザージャケットをはおりハードな空気感をまといつつ、色気のある歌声とカッコよさを見せつけた。

初披露となるオリジナル曲を歌う前には、ずっとやりたかったという音楽活動への思いを語る。歌に対する熱い愛情やファンへの気持ちがつまった3曲目「PRESENTS」(オリジナル)に会場中が聴き入った。

2番手は阿部乃みく。セクシーアイドルユニット・マシュマロ3d+としても活動している阿部乃だが、ソロとしても歌手活動を行いCDデビューも果たした(このライブ当日先行発売、5月3日より一般販売開始)。以前フルバンド形式のみるじぇねライブには出演しているが、アコースティック形式のライブは初登場となる。セットリストは「細胞ぜんぶが君に恋してる」(オリジナル)、「星間飛行」(ランカ・リー[中島愛])、「Ghost of a smile」(EGOIST)、「ずっと…」(オリジナル)。

1曲目「細胞ぜんぶが君に恋してる」(オリジナル)はさわやかな青春の甘酸っぱさを感じさせる曲調で、会場を一気に盛り上げる。

「手が震えるくらい緊張しています…」と告白するが、アップテンポなアニメソングの2曲目「星間飛行」(ランカ・リー[中島愛])では抜群の声量で一層会場を熱くし、しっとりした曲調の3曲目「Ghost of a smile」(EGOIST)では透き通った高音で観客の心をつかむ。

続けて、自身が作詞も手掛けた4曲目「ずっと…」(オリジナル)を、この日初披露。最後にエネルギーを爆発させるとともに、彼女の声質の幅広さを感じさせるステージを作り上げた。

3番手は川上奈々美。セットリストは「Fly me to the moon」[ジャズのスタンダード・ナンバーの一つ]、「SECRET」、「未完成ピエロ」(ともにオリジナル)。

1曲目の「Fly me to the moon」から艶のあるセクシーな美声で観客を引き込む。「皆さんへのラブソングのようなもので、結構恥ずかしいことを(英語詞で)言っていて…ネットで検索してみてください(笑)」と照れながらのコメントも。

続いて披露した2曲目「SECRET」(オリジナル)、中盤のほぼアカペラのパートでは、圧巻の歌唱力と完成度の高さを見せつけた。

最後は彼女の代表曲ともいえるパワフルなオリジナル曲「未完成ピエロ」(オリジナル)で、縦横無尽に動き回りながら観客を煽る。彼女の圧倒的なパフォーマンス力が凝縮されたステージに、会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。

トリを務めたのは希美まゆ。セットリストは「LOVE LOVE LOVE」(DREAMS COME TRUE)、「羊の群れは丘を登る」(ストレイテナー)、「追憶」、「starlit sky」(ともにオリジナル)。

1曲目「LOVE LOVE LOVE」(DREAMS COME TRUE)は、1フレーズ1フレーズ、曲への“愛”、そして彼女がステージにかける“愛”を込めて歌っているのが伝わってくる。口下手ながら「歌は気持ちを伝えられるし、歌っていいなと思います!」と言葉にしてストレートに伝えるのも彼女の魅力の一つだ。

2曲目「羊の群れは丘を登る」(ストレイテナー)は打って変わって疾走感のあるクールな声質で観客を魅了する。

低音から高音まで音域の広い3曲目「追憶」(オリジナル)ではそのしなやかな歌声に皆が聴き入り、ラストの4曲目「starlit sky」(オリジナル)ではステージを真剣に全力で楽しむ希美の姿に引き込まれる。この日のライブを惜しむように大きな手拍子と歓声が会場に響きわたった。

これまでのメンバーとはまた違ったパワーを放つRinの出演で、今回のみるじぇねライブはまた新たな魅力が加わり、これからも目が離せない期待大のイベントになった。

今後の“みるじぇね”ライブは、5月5日(金)に「沖田杏梨×神咲詩織ツーマンLIVE」、6月17日(土)に「MilGene Premiere LIVE #2」(ともにJ-SQUARE SHINAGAWAにて開催)、7月30日(日)に「MilGene SONIC!2017」(下北沢GARDENにて開催)が予定されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“演歌界の重鎮”水谷千重子のリサイタルショー「キーポンシャイニング歌謡祭2017」WOWOWで5・6放送
新劇場事務員・青羽美咲(cv. 安済知佳)の登場を発表! ニコニコ超会議2017「超アイドルマスターステージ」
BUMP OF CHICKEN新曲「リボン」本日配信、秋からはアリーナツアー
神宿、3周年ライブはラフォーレ原宿2days 主演映画企画も始動
SUPER★DRAGON、コンセプチュアルな2部制ライブでファンを魅了!新曲「ワチャ-ガチャ!」MVも解禁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加