夏場にまさかの失速...3連覇を目指す川崎の逆転優勝への鍵は?

夏場にまさかの失速...3連覇を目指す川崎の逆転優勝への鍵は?

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/08/24
No image

19節ではFC東京を下し、7月19日にはチェルシーにも勝利。ただ以降は夏場の連戦の影響もあって、緩やかに調子を落としている。

No image

直近の23節の仙台戦は粘って2-2のドローに持ち込んだ。もうここからはひとつも取りこぼせない。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

史上2チーム目のリーグ3連覇を目指す川崎が夏場を迎え、調子を落としている。7月末からの4連戦は2分2敗と苦戦。首位を走るFC東京との勝点差は23節終了時点で8ポイントあり、3位に甘んじている。果たして王者はここから巻き返すことができるのか?

―――◆―――◆―――

ACLではグループステージ敗退の屈辱を味わうも、リーグ戦は19試合を終えてわずか1敗。王者は3連覇へ向けて順調に歩んでいるはずだった。しかし、得意なはずの夏場にまさかの失速を見せているのだ。

ACLの日程の都合上、7月31日に行なわれた16節の広島戦を今季初の3失点(2-3)で落とすと、続く21節の松本戦は相手の守備を崩せずにスコアレスドロー。22節の名古屋戦は0-3の完敗で、23節の仙台戦は2-2で勝ち切れず、4試合で勝点2しか積み上げられなかったのだ。

広島戦と名古屋戦では、以前から苦手としていたセットプレーの流れで先制点を奪われ、さらに前からのプレスがはまらず、相手の攻撃をダイレクトに受けてしまった。鬼木達監督のサッカーはパススタイルを基本としつつ、トランジションの速さが真骨頂で、攻守の切り替えをスムーズに行なうことで、ボールを奪われても即座に回収し、相手を自陣に押し込む。もしくは前から勢いよくプレスし、ショートカウンターを狙う。ただ、前述の2試合では、前からの守備で的を絞れず、攻撃でもミスが重なって苦戦。川崎のパスワークやプレッシングを潰す対策を各チームが講じてきているだけに、どう柔軟に対応できるかが今後の鍵となるだろう。
好例を挙げるなら3-1で快勝した20節の大分戦(7月27日)だ。相手の巧みなビルドアップに対し、前から守備をハメられなかったが、前半途中の飲水タイムで修正。状況によっては自陣に守備ブロックを敷き、ゲームの流れを掴んだ。こうした臨機応変さを今後も見せられるか。

また自慢の攻撃陣のパフォーマンスに波があるのも不安だ。夏場の連戦を乗り切るため、鬼木監督は主に前線と中盤でターンオーバーを活用しているが、19節のFC東京戦のように、攻守でハマった試合では圧巻の強さを示すも、22節の名古屋戦のようにそれが裏目に出た試合もある(ウォーミングアップ中に先発予定の大島僚太が負傷し、代役を担うはずの下田北斗は次戦を考慮してメンバー外としていた)。ルヴァンカップ、天皇杯を含めた3冠も狙うだけに、効果的なローテーションを取り入れたいが、質を落とさないためにも、最適な組み合わせをより模索する必要もあるだろう。

キーポイントになるのはレアンドロ・ダミアンの活用法か。最近はジョーカーとしての起用が増えており、エースの小林悠とのコンビネーションも徐々に向上。シーズン終盤は1点を争う試合も増えるだけに、元セレソンの決定力には期待したい。 23節終了時点で首位のFC東京との勝点差は8。残りは11試合で、ここからの取りこぼしは致命傷となる。実際にこの2年は、21勝9分4敗の勝点72(2017年)、21勝6分7敗の勝点69(2018年)で戴冠を果たしており、この数字を基準にすると(現在は10勝10分3敗の勝点40)、残り11戦で9~10勝が必要となるわけだ。ライバルのFC東京は、アウェー8連戦を控えているが、ペースは大きく落とさないはず。川崎にとっては非常に高いハードルになるも、一戦必勝の想いで挑むしかない。

ただし、気がかりなのは今季のホームでの勝率の低さだ(3勝8分1敗。逆にアウェーは7勝2分2敗)。まだ1敗しかしていないものの、勝ち切れない試合が多く、ここ2年の12勝4分1敗(2017年)、11勝2分4敗(2018年)と比べ、大きく見劣りする。チケット販売は好調で、サポーターの後押しはあるだけに、意地を見せられるか。

振り返ればJリーグで唯一、3連覇を果たした鹿島も、記録を達成した2009年は、24節から28節に泥沼の5連敗を喫した。そこまでに多くの勝点を稼いでいた点は今の川崎と異なるが躓いたとしても、しぶとく盛り返せば、逆転優勝も夢ではないという実例である。
0-3というショッキングな敗戦を突き付けられた名古屋戦後、中村憲剛もこう決意を語ってくれた。「自分たちがファイティングポーズを取れるかどうか。こういうゲームのあとは下を向きがちになってしまうと思うが、それでもやっていかないといけない。ここが本当に踏ん張りどころ。ここ3試合は反省することだらけだが、逆に突きつけられたことを、どれだけ修正できるかは自分たち次第。負けてうな垂れて、このままいくのか。もう一回やろうってなるのか。

優勝は諦めていない。ここで下を向いて負け続けるのは簡単。でも絶対にそういうチームではないと自分は思っているし、オニさん(鬼木監督)もそういう人ではない。自分たちでやるべきことをやる。いつも以上にコミュニケーションを取って今後に準備をしていきたい」

歓喜を手にしたこの2年も、数々の困難を乗り越えてきた。王者として培った経験を今こそ活かしたい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

※『サッカーダイジェスト9月12日号』より転載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鹿島が来たぁ~!首位・FC東京に勝ち点1差、直接対決2-0快勝
【鹿島】試合前のロッカールーム、内田篤人はどんな言葉でチームを鼓舞したのか?
マラソン東京五輪代表内定の中村匠吾、設楽の逃げにも「焦ることなく」余裕持ち勝負
[関東]2位3位対決は桐蔭横浜大に軍配!次節は再び“2位3位対決”に「一個一個必死に」
[MOM636]流通経済大FW山口大輝(4年)_得意の“開幕弾”、最下位脱出
  • このエントリーをはてなブックマークに追加