最新ランキングをチェックしよう
安倍政権の「一国ケインズ主義」はなぜ挫折したのか

安倍政権の「一国ケインズ主義」はなぜ挫折したのか

  • アゴラ
  • 更新日:2018/12/30

アゴラが2009年1月1日にスタートしてから間もなく10周年になるが、この10年の世界経済の最大の課題は「リーマンショック」からの回復だった。アメリカは未曾有の危機を乗り切ったが、日本のアベノミクスは空振りに終わった。
自民党サイトより:編集部
それでもこりない安倍政権は、来年度予算でも「ポイント還元」などのバラマキを続けている。こういう一国ケインズ主義は20世紀のレガシーだが、日銀の黒田総裁も経

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
退社辞さず加藤浩次に追随ノブコブ吉村に激励相次ぐ
板倉俊之、「みなさまに黙っていたこと」を謝罪 「問題」「無責任」の声
吉本興業の企業体質、松本人志の言葉が象徴していた? 加藤浩次が噛みつけるワケ
加藤浩次「失うものは何もない」意味深Tシャツが反響「辞めないで」の声
友近、吉本社長に1対1直談判も...「他の芸人も思ってる」に「他って誰?名前言って」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加