FC東京に復調気配?初陣での無失点勝利に新指揮官は「根気強くやってくれた」と手応え

FC東京に復調気配?初陣での無失点勝利に新指揮官は「根気強くやってくれた」と手応え

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

初陣で勝利を飾った安間監督は選手の奮闘を労った。写真:田中研治

[J1リーグ26節]FC東京1-0仙台/9月16日/味スタ

【FC東京 1-0 仙台PHOTO】監督交代のFC東京が4試合ぶりの白星!

監督交代に踏み切ったFC東京が、安間新体制での初勝利を挙げた。16日に行なわれたJ1リーグ26節のホームゲーム。DFチャン・ヒョンスが決勝点を奪い、仙台を1-0で下した。

安間貴義監督は試合後のインタビューに応え、「(チームが)自信を失ったところからトライをしていたので、勇気が必要だったと思う。自分がやること、チームがやることを信じて90分間やってくれた」と選手たちを称賛。さらに、「前半の我慢する時間を乗り越えたら自分たちの時間が来る。根気強くやってくれたのが1-0の勝ちにつながった」と守備の粘りを評価した。

前節までリーグ戦3連敗、ルヴァンカップを含む公式戦では5連敗中と不振を極めたFC東京は、5試合で13失点と守備が崩壊していた。相手が12位の仙台だったとはいえ、無失点に抑えたこの勝利に手応えを感じたのだろう。

「失点が多かったので、それをなくそうと。ボールを持つストロングポイントを押し出して(守備の機会を減らすことに)トライしてくれた」

そう語った安間監督は、「今後はボールを前に運ぶところをやっていきたい」と攻撃面にもテコ入れするつもりだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20歳伊藤達哉がブンデス1部デビュー!!酒井高徳は今季初フル出場もHSV痛恨4連敗
東京、新監督候補にG大阪長谷川健太監督が浮上
名波監督も感服する“練習の虫”中村俊輔。J24本目のFK弾にも「勉強になりました」
エスパルスに悪夢の再現はあるのか。怖いのは「降格に怯える心理」
独3年目の20歳伊藤達哉がブンデス1部デビュー。酒井高徳はフル出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加