ヒュー・ジャックマン、登美丘高校ダンス部に感動 映画とコラボ動画を絶賛

ヒュー・ジャックマン、登美丘高校ダンス部に感動 映画とコラボ動画を絶賛

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/02/14
No image

大阪府立登美丘高校ダンス部を称えたヒュー・ジャックマン (C)ORICON NewS inc.

俳優のヒュー・ジャックマンが14日、都内で行われた映画『グレイテスト・ショーマン』(16日公開)の記者会見に出席。“バブリーダンス”で注目され、同作のプロモーション動画に出演する大阪府立登美丘高校ダンス部について「素晴らしかった」と称えた。

【写真】登美丘高校ダンス部に希望をもらったと語るキアラ・セトル

映画と登美丘高校ダンス部がコラボした動画では、『第75回ゴールデングローブ賞』で主題歌賞を受賞した楽曲「This Is Me」に合わせ、総勢72名が圧巻のダンスを披露している。

「This Is Me」を歌うキアラ・セトルは、「ビデオを最初に見たのは私。3、4回じっくり見て、すばらしさを堪能してからヒューやチームに見せて、みんな涙を流していました。私にもインスピレーションを与えてくれた」と話し、「彼女たちのダンスは私の人生を変えたくらいすばらしかった」と絶賛。

ジャックマンは、ダンス部のコーチを務めるakane氏が昨日開催されたプレミアを訪れたことを明かし、「お礼を伝えることができた」と、にっこり。「この映画が公開されてから、歌やダンスの動画がファンの皆さんから送られてきたりする。いろんな国の方の心をつかんだし、つなげてくれた」と感謝した。

同作は、19世紀に活躍した伝説のエンターテイナー、P.T.バーナムをジャックマンが演じるミュージカル。

劇中でも大きな見どころの一つとなる「This Is Me」を歌うセトルは、大きな重圧があったことを告白した後、楽曲が自身に及ぼした影響について語るうちに涙。「毎日この歌のテーマについてもがいていると同時に、感謝もしています。自分が正しいと思うこと、正しくないと思うことについて戦う力をもらっています」と声を震わせ、「登美丘高校の生徒たちを見ると、私自身にも希望を感じますし、自分を少し信じられるような気がする。自分が孤独ではないと感じられる。国籍に関わらず、みんな同じなんだと感じます」と思いを伝えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大杉漣さんの訃報で、フジテレビが長男に頼み込んだ「酷な要求」
イッテQ、イモトの“落下ハプニング”に衝撃「普通に事故」
「時代は終わった」「ほんと性格悪い」人気者の座から転落した、“嫌われ”芸能人3組
落差すごい。「一般人がイメージするプログラミング」と「実際のプログラミング」
極上の美ボディラインに釘付け!SEXY水着美女が集結<深夜のトレンド水着ファッションショー>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加