鶴見辰吾「ぜひ」韓国映画界のように差し入れして

鶴見辰吾「ぜひ」韓国映画界のように差し入れして

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

舞台あいさつを行った鶴見辰吾(撮影・杉山理紗)

鶴見辰吾(52)が11日、都内で韓国映画「密偵」(キム・ジウン監督)の初日舞台あいさつを行った。

日本統治時代の韓国を舞台に、独立運動団体と日本警察の攻防を描いたアクションサスペンスで、昨年公開の韓国では大ヒット。ソン・ガンホが韓国人でありながら日本警察に所属する主人公を演じ、鶴見はその上司役で出演した。韓国の映画界ではファンが差し入れをする文化があると話し「みなさんからも差し入れいただいてもいいんで、ぜひ」と呼びかけて笑わせた。最後は「密偵、見てね!」とオヤジギャグで舞台あいさつをしめくくった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アンゴラ村長とREINA、高学歴美女2人を相方にした男性芸人がいた!
嵐のコンサート会場近くの「イトーヨーカドーがスゴい」と噂なので行ってみた結果
紅白歌合戦で名前がなかった安室奈美恵、和田アキ子...それぞれの落選事情
鶴ひろみさん、死因は激痛伴う急病 それでもハザードを点け...声優仲間「鶴さんらしいなと」
『アメトーーク!』人気企画「読書芸人」にオードリー若林が出ていないと話題に / 出演辞退した理由が正直すぎるぅ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加