ブラジル1部クラブ旅客機墜落...J1神戸の元監督のカイオ氏ら搭乗か

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/11/30
No image

コロンビアの全国紙「El tiempo」など多数の海外メディアが29日、コロンビアの航空当局が同国内で、サッカー・ブラジル1部リーグに所属するシャペコエンセの選手・スタッフを乗せた旅客機が墜落したと発表したと報じた。同クラブは元神戸監督のカイオ・ジュニオール氏が監督を務めている他、Jリーグを経験した選手が多く所属している。

発表によると墜落したのはボリビア機で、ボリビアのビルビル国際空港を離陸したが、コロンビアのアンティオキア県東部に墜落したという。乗員9人、乗客は72人の合計81人の捜索活動が続けられているが、激しい豪雨のため中断を余儀なくされていることを伝えるメディアもある。

英メディア「ミラー」電子版は4人の生存者が確認されたとしており、DFアラン・ラスケル、GKダニーロ、GKジャクソン・フォルマンと、乗務員1人の名前を伝えている。ラスケルは頭部と臀部(でんぶ)を負傷しているとも報じられている。

シャコペエンセはブラジル南部のサンタカタリーナ州の都市シャペコに本拠地を置くクラブ。スダメリカーナ杯という南米各国リーグの上位クラブが出場する大会の決勝戦に進出しており、アトレチコ・ナシオナルと対戦するために移動中だった。

所属選手には13年にJ2千葉で得点王となったケンペスや、15年に川崎でプレーしたアルトゥール・マイア、元柏のクレーベル・サンタナ・ロウレイロら多くのJリーグ経験者がいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
開始6分で2失点...インテルがナポリに完敗で連勝ならず、長友出番なし
南アフリカで珍事! アディッショナルタイムにGKがオーバーヘッドで同点ゴール
墜落事故 ホームで追悼式典
イニエスタ、クラシコ出場へ! 医師から完治通告、招集可能とバルサが発表
MSN代役FWの絶不調具合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加