PC版Chromeがピクチャ・イン・ピクチャに正式対応。YouTube動画をブラウザ外のウィンドウで視聴可能に

  • Engadget
  • 更新日:2018/10/20
No image

今月16日(米現地時間)に正式公開されたGoogleのウェブブラウザChrome 70のPC版が、ブラウザ外の小さなウィンドウでYouTube動画を再生できるピクチャ・イン・ピクチャ(picture— in-picture、略称PiP)モードに対応したことが明らかとなりました。

Google Chromeの開発者であるFrançois Beaufort氏は、来年8月に消費者版の終了が予告されたSNS「Google+」にて、Linux、Windows、macOS用のChrome上でPiP機能がデフォルトで有効になったことを報告しました。YouTube動画を閲覧する際に、特に設定を変更することなく利用できます。

PiPは、すでにmacOSのSafariなどで早くから使用できた機能です。PC版のChrome 69ベータ版でも実装されていましたが、特殊な設定ページ「chrome://flags」から手動で設定することで初めて有効にできるものでした。それがようやく、標準で利用可能となるわけです。

使い方は、YouTubeの再生画面上で右クリックを2回。そしてプルダウンメニューから「ピクチャー イン ピクチャー」を選ぶと、別の小さなウィンドウ(フローティングウィンドウ)が開いて動画が再生されます。

このウィンドウは元のタブが開かれているかぎり表示され続け、Chrome本体で他のタブに切り替えても消えません。ウィンドウを移動したり、サイズを変更したりすることも可能です。

No image

本機能は、まもなくChrome OSやAndroidでも正式リリース予定とのこと。Chrome OSでは「chrome://flags/#enable-surfaces-for-video」のフラグを有効にすれば、テスト版を利用できると述べられています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
auが3G終了を発表。iPhone 5sなどLTEスマホも一部使用不可に――22年3月末
「無限に都市が生成されるアルゴリズム」で生成された都市を自由に歩き回ってみた
Chromeの「後で読む」機能がめっちゃ便利だからみんな使ってみて!
「スマートトイレ」競争が別次元に突入! 排泄物スキャンで病期診断、水要らず、AIも... ビル・ゲイツ参戦で日本メーカー危うし!
携帯型ゲーミングPC「SMACH Z」2019年Q1より生産段階に移行!アルファユニットの映像も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加