坂本勇人最多31号、肩書付き殊勲弾も自身最多タイ

坂本勇人最多31号、肩書付き殊勲弾も自身最多タイ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/08/10
No image

巨人対ヤクルト 1回裏巨人1死、右越え本塁打を放つ坂本勇(撮影・横山健太)

<巨人8-4ヤクルト>◇10日◇東京ドーム

▼巨人坂本勇人内野手が先制の31号。坂本勇は先制が6本、同点が5本、勝ち越しが2本あり、肩書付きの殊勲アーチは13本目。31号は10年に並び自身最多タイだが、殊勲本塁打13本も14年に並び自身最多タイとなった。

31号は右方向へ。10年は31本のうち27本が左へ引っ張った本塁打だったが、今年の方向別本数は左15本、中7本、右9本。昨年まで右方向へは通算16本しかなかった坂本勇が、逆方向への1発を増やして本塁打争いのトップに立っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
池江璃花子の祖父、現状は「あまりよくはないです」
楽天島内9号3ラン「自分の番」母校星稜の奮闘刺激
巨人中川11試合ぶり登板「抑えられてよかった」
履正社・井上 決勝での逆転弾は副島以来史上2本目
和田、貫禄の投球で4勝目 8回86球で降板も「頼もしい投手が後に控えてる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加